パリのアドレス

2012年10月28日 (日)

本当においしいコーヒー…

1


 パリのコーヒーはおいしい。
 パリに行きはじめた頃、街角のカフェで飲むコーヒーのおいしさに驚き、日本では同レベルのコーヒーに出会えないことを残念に思っていましたが、時がたち、日本のコーヒーもレベルが上がってきておいしいものが飲めるようになりました。

 今回のパリ行きでは、本当においしいと評判のコーヒーを飲んでみよう、というのがサブテーマ(メインテーマはフランス革命に出会う旅(笑))。事前のリサーチでこれは!と思っていたカフェに行ってみました。


 場所はマレ地区にほど近いセーヌ川沿い。
 お店の名前はLa Caféothèque de PARIS。よくあるような、店の外にもイスとテーブルがあるような作りのカフェではありません。入り口すぐのところでは、お店自慢のコーヒー豆も販売しています。奥の深い作りで、入り口のところにもアラビアンな雰囲気のちいさなカフェスペースがありますが、ずんずん奥に入っていくと緑にあふれたくつろぎの空間が!

2


3

 そしてこれがカルト。シンプルかつ、わかりやすいです。後ろのページには産地別に特徴の書かれた豆の説明もあります。様々な飲み方も、何がどんな配合で作られているかの説明があるのもいいですねぇ。

4


 さて、何を飲もうか悩んで、カフェ・デュ・ジュール(本日のコーヒー)を、ノワゼットで頼んでみました。で、出てきたのがこれ。若干、ラテアートが微妙なのですが(笑)、ノワゼットと言えばエスプレッソにミルクをちょいっと垂らしたもの…と認識していたので、こんなフォームミルクが載っていようとは…。

5


 で、一口すすってみて、衝撃を覚えました。わたくし、料理記者でもバリスタでもないので、正直このおいしさをうまくお伝えできません。ただ、あまりの驚きに目を見開いてじっとカップを見つめ続けたかもしれない…。コーヒーってこんなにおいしいの?という驚きです。うっとりするような、ビロードのような口当たりで、深い味のコーヒー。おそらく今まで飲んだコーヒーの中で一番おいしいと思います。まあ、そんなに語るほどコーヒーを飲み歩いている訳でもないのですがね。

 ああ、でもでも、こんなコーヒーの味を知ってしまったら、これからどうやって普通以下のコーヒーにであった時、耐え忍んでいけばいいのでしょうか? 


 後日、あの味が忘れられなくてもう一度訪ねたのですが、私がオーダーしたものを、それよりもノワゼットにするならこっちの方がいい、と熱く語って説明してくれた店員さん。たぶん、私がオーダーしたのは(生意気にもテロワール・ド・ヴォートル・ショワ。産地別をお好みで…のような)ミルクを入れるよりもストレートで味わう方がいいから、飲みたいなら2杯目に…とか、そんなようなことを言っていたのではないかと、フランス語はまだまだの私は理解したのですが…。このカフェを知ったときに読んだ記事から、彼がパリ・バリスタコンクール・ファイナリストのほんまもんのバリスタさんでは…と思われる。だからこんなにおいしいのですねー。本当にコーヒーを語る彼は熱かったから!

 このお店でアマチュアからプロ向けまで、カフェ講座をやっているようです。パリに住んでいるんなら通いたいところだ。

6


 で、2度目に訪ねたときに出てきたノワゼット。今回はラテアートもばっちり。

 こんなカフェが家や職場の近くにあったなら、通い詰めてしまいそう。ああ、また行きたい……。




●La Caféothèque de PARIS
52, rue de l’Hôtel-de-Ville
TEL:01 5301 8384
営業:毎日9:30〜19:30まで(無休)
メトロ:7号線 Pont-Marie、1号線 Saint-Paul
バス:67、69、76、96

MAP

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

フロマージュリー・ベイユヴェール

01


 このブログに立ち寄ってくださる方の一番多い検索ワードは「ベイユヴェール」。当ブログでも何度か記事にしました。とってもバターの美味しいフロマージュリーです。雨宮塔子さんがエッセイで紹介されて、皆さん注目しているようですね。私もパリに行けばいつも、ベイユヴェールのバターを食べています。

 というわけで、一度記事をまとめてみようと思います。


 ベイユヴェールは30年前に、ナント市から30キロ南に下ったマシュクルにあるパスカル氏の自家農場や近隣の農場から牛乳を集めて製品を作ることから始まりました。バターはチーク製の樽型かくはん機でていねいに作られ、手で型に入れられています。その様子がベイユヴェールのサイトにありましたので、ちょっと拝借。

09

 つまり、手作り感あふれる本物のバター、なのです。はじめて私がベイユヴェールのバターを買ったのは、そういう「手作りバター」という触れ込みに釣られて…なのです。はじめて買った当時は、まだ大きな塊がお店に置いてあり、欲しい重さを伝えると針金のようなものがついた専用カッターで塊から切り分けてくれ、紙に包んで渡してくださいました。その人間味あふれる販売方法が嬉しかったのと、なんと言っても味がピカイチでしたので、バゲットにたっぷりつけて食べたものです。

03

▲緑の方が無塩バターのdoux。青いのは塩入りのdemi-sel。結構しょっぱい。


 とにかく味が濃い。私がいつも言うのは「イナタい味」。ことば自体はちょっとアレですが、田舎で無骨に手作りされました……的なニュアンスと捉えていただければ。そういう、牛が食べる牧草の香りまでしてきそうなバターなのです。
 それは日本のバターとなんと違うことか! それもそのはず、日本の多くのバターは無発酵で作られますが、フランスのバターは基本的に発酵バター。乳酸発酵されて作られるらからとても風味豊かなのです。日本でも発酵バターは売られていますが、総じて高価。それに比べるとさすが農業大国、フランスの発酵バターはお安くて。


04

▲この手作り感あふれるラッピングがたまりません。バターの形もいびつ。


 ベイユヴェールのバターもお高くなく、スーパーでよく見る有名メーカー品のプレジデントと比べても、125gがプレジデントはとあるスーパーで1.15ユーロ、ベイユヴェールは無塩のdouxで1.59ユーロほど。絶対試すべき。


 バター以外にも、日本ではあまりお目にかかれないフロマージュ・ブランをおすすめします。ちょっとすっぱ目のフレッシュなチーズ、形状は硬めのヨーグルト状です。入れ物が大と小で用意されているので、どちらが欲しいか伝えれば桶から汲んでくれます。すぐ横にフランボワーズとかのソースがあるので、それも一緒に買ってかけて食べるとすてきな朝の一品に。


07

▲フロマージュ・ブラン。酸っぱいので、フルーツソースや砂糖をかけて食べるとおいしい。私の場合、砂糖+フランボワーズがお気に入り。


 また、スイーツ好きにおすすめするのが、プリンです。何種類かフレーバーがありますが、1個1.45ユーロほどなので、チャンスがあれば是非お試しください。びっくりするほど美味しいので!

05

▲こちらキャラメル味。他にもカフェ味とか何種類かありましたが、美味しかった〜♪


 さて、そのベイユヴェール、どこで買えますか?というところですよね。パリ市内には何店舗かありますが、観光ならチープなプチお土産を買いがてら、ボン・マルシェのグラン・エピスリーがおすすめ。奥の方の冷蔵コーナーを探してください。バターとプリンは別の棚にありますが、それほど離れていません。


 市内で行きやすそうな店舗をいくつかをピックアップしてみました。

・4区/ヴォージュ広場近く、サンタントワーヌ通り沿い 77, rue Saint Antoine
 [火曜日〜土曜日午前中まで 日・月曜定休]

・10区/メトロ7号線シャトー・ランドン駅近く 215, rue du Faubourg Saint Martin
 [火曜日〜日曜日午前中まで 月曜定休]

・14区/モンパルナス大通りとラスパイユ通り交差点近く 8, rue Delambre
 [火曜日〜日曜日午前中まで 月曜定休]

・15区/メトロ10号線シャルル・ミッシェル駅近く 133, rue Saint Charles
 [火曜日〜日曜日午前中まで 月曜定休]

・17区/テルヌのマルシェ内 Marché des Ternes, rue Bayen
 [火曜日〜日曜日午前中まで 月曜定休]

※その他のパリ市内店舗、フランス全土の店舗はこちらをご参照ください(地図付き/フランス語)。


06

▲昔のベイユヴェールの包装紙は牧歌的でした。


 というわけで、滞在中に食するのはもちろん、バターもチーズも真空パックで日本に持ち帰れますのでお土産にもいいですよ。私がいつも買う4区のお店では真空パック代を特別に取られたことはありません。「Emballage sous vide, S'il vous plaît.(オンバラージュ・スー・ヴィッド・シル・ヴ・プレ)」もしくは簡単に「Sous vide, S'il vous plaît.(スー・ヴィッド・シル・ヴ・プレ)」とお願いすると真空パックにしてくれます。あとは出発ギリギリまで冷蔵庫に入れておき、あらかじめ日本から持参した保冷バッグに凍らした保冷剤と一緒に詰めてスーツケースに放り込めば、帰国するまで大丈夫です。6月にこれで持って帰ってもダメになっていたことはありません。ただ、ボン・マルシェで買うと真空パックは出来ないと思います。


08

▲昔の4区のお店の正面。多分店舗ロゴがもう変わっていますね。


 最後に、私もベイユヴェールのサイトをみていて見つけたものが。

 ベイユヴェールの工場見学ツアー。これは行ってみたい……。
 工場を紹介するビデオを観たり、工場を見学したり、最後はもちろん製品の試食アリ。体の不自由な方もツアー参加は可能なようです。詳細です。

 ・ヴィジット・グルマン[工場見学/ランチ/湿地の散策]おひとり様30ユーロ
 ・ヴィジット[工場見学]大人3ユーロ、子供1ユーロ

 両方とも要予約です。祝日を除く月曜日から金曜日に開催。電話かメールでどうぞ。
 Tel. 02 40 02 33 98
e-mail p.beillevaire@wanadoo.fr

詳細はこちら


☆ベイユヴェールの過去記事(新しい順)
 ・パスカル・ベイユヴェールのリニューアル
 ・パスカル・ベイユヴェールのバター
 ・バター天国
 ・特筆すべき食材バター


●Fromagerie Beillevaireサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

やっぱりマレのランチは…

Photo


 ファラフェルですよね!


 どんだけ好きやねんっ!って突っ込まれそうですが、やっぱり食べずにはいられない…。


 去年はmi-va-miを食べてみたので、今回はいつもどおりにラス・デュ・ファラフェルへ(以前の記事は店名からそれぞれリンクしております)。
 う〜ん、やっぱり私はこっちの方が好き。ええ、個人の感想です。

 アリサもたっぷりかけてもらい、美味しくいただきました!
 ファラフェルうま〜い!


 そういえば、東京・溜池山王にあるファラフェル屋さんに行ってみたんですが、やっぱりパリで食べるのとは違いますね。これはやっぱりパリで発展した様式なのでしょう。店主のおじさんは面白かったんですが…。


●L'as du Fallafel
34, rue des Rosiers
TEL:01 48 87 63 60
営業:12:00〜24:00(金曜日:16:00まで)
定休:土曜日と安息日
map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

コメルス・サン=タンドレ小路[Cour du Commerce Saint-André]

Photo


 パリの観光スポットとも言える、パリ左岸のオデオン地区。

 そのオデオン駅を出てすぐ、サンジェルマン大通り沿いにぽかりと口を開けた小さな路。入り口は鉄格子で仕切られ、大通りの喧噪が嘘のようなひっそりした小路です。ここがまた、中世のパリはこんなであったであろう…と想像させられる古き良き小路なのです。


 長さにして150メートルほどの細い路で、石畳は古く、すり切れています。建物は昔の建築物によくある傾斜の付いたもので、なんかもう、この佇まいがたまらんのですよ!

 路の真ん中辺にはパリ最古のカフェ・プロコープの裏側が見え(何かディスプレイされている)、盆栽のお店があったり、ちらりと散策するのが楽しいところです。

 その反対側の出口近くに、ラ・ジャコバン[La Jacobine]というサロン・ド・テがありまして、2度ほどお茶したことがあります。とてもサンパ(感じのいい)なお店で、名前の示すとおり、フランス革命で有名なジャコバン派となにか関係があるのか、確か店内にはロベス・ピエールとかジャコバン派の人の肖像画があったような記憶があります。今ひとつ確かではないけれど…。お店で出されたペーパーコースターにはかわいらしい女の子のイラストが描いてありまして、かわいかったので持って帰ってしばらく家に飾ってました。

 レストランでもあるこのお店、サイトのメニューを見ていると、なんか美味しそうなんですけど…。サロン・ド・テだからかデザート類も豊富でいい感じ〜。

 今度パリに行ったら久しぶりに行ってみよう。


La Jacobine
59-61 Rue Saint-André des Arts
TEL:01 46 34 15 95
営業:月曜日 17:00〜23:30
   火曜日〜日曜日 12:00〜23:30
   ブランチ 日曜日 12:00〜16:00


map

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

mi-va-mi[ロジエ通りのファラフェル]

Mivami1


 パリに行ったら必ず食べたいもののひとつ、ファラフェル。以前も記事にしましたね。ファラフェルって何?という方はそちらをお読みください。一言で言えば、アラビアン・ベジタブル・ファストフード。ユダヤフードかな?

 で、いつもはロジエ通りの超有名店「ラス・デュ・ファラフェル」で買ってたんですが、とある情報で同じ通りにある「mi-va-mi」が紹介されてたんで、気分を変えてそっちを食べてみることにしたのです。


Mivami2

 ロジエ通りはマレ地区のユダヤフード店が軒を連ねる通り。道路の真ん中がVの字にくぼんでいるのは、昔のパリでは汚水(お○っこ含む)は窓から道に放り捨てるのが習慣だったので、その汚水が道の真ん中にあつめられて流れるようになっている構造。反対に、道の真ん中が盛り上がり、両側の側溝に流れ込むパターンもあります。……恐ろしい…。相当臭ったらしいですから…。

 話がそれました、
 それだけ中世の名残がある、趣のある通りということです。ビジュアル的には凄く好きな通り。


Mivami3


Mivami4


 で、くだんのmi-va-miはラス・デュ・ファラフェルのお向かいさんでして、あらまぁと。順番を待ちながら中をのぞくと、小さな丸っこいスプーンを使ってひよこ豆のコロッケを揚げていました。なんか、鯛焼きにあんこを詰めるときのような……。野菜もカットされた状態でショーケースに並び、とってもカラフル。ピタパンをカットし、野菜を詰め、コロッケを乗せ、揚げナスをトッピングし、酸っぱいめのソースと辛いアリサをかけていただきます!


Mivami5


 こぼれ落ちんばかりに盛りつけられた大きなファラフェルを片手で持ち、もう片方の手でカメラを持って撮影。ちょっと大変だった…。引きで撮ったのがちょっとピンぼけ気味だったので、こちらのどアップを。

 味はラス・デュ・ファラフェルのよりもニンニクが利いてました。辛そうに見えるアリサも大して辛くなく、いいアクセントになります。ニオイを気にするならお向かいさんのをおすすめ。そしてこれでテイクアウト5ユーロ。あんましおなか空いてなくて、食べ残しちゃったんですけど(ピタパンを)。


 食べたいなぁ…と思っていたら、日本でもファラフェルを売ってるお店があるみたいじゃないですか。溜池山王と神泉に。ぬぬぬ……偵察に行かねば。

mi-va-mi
23 Rue des Rosiers 75004 PARIS
TEL:01 42 71 53 72
map

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

La Chocolaterie de Jacques Genin[ショコラトリー ジャック・ジュナン]

1_2


 2008年にマレのアパルトマンを借り、昨年も同じアパルトマンの違う部屋を借りた私。ええ、はい、マレ地区大好きです。
 で、昨年この部屋を借りるにあたり、管理人のU夫人(美味しいもの情報交換仲間)がこのアパルトマンの近くにショコラティエのジャック・ジュナンが出来たんですよ、と教えていただいたもの。
夫人によれば「ジャン=ポール・エヴァンとはまた違ったチョコレートのレイアウト。le Figaro紙のミルフィユで2位だったので興味を持ち、レモン・タルトでも2位だったでしょうか。商売の上手い女性がカウンターに居てミルフィーユを作っている間に(欲しいと言うと初めて組み立てる)小さなフルーツゼリーをハイ、とくれまして……美味しい——というわけで100g買ってしまいました」とのこと。

 これはぜひ行ってみなくては〜! と意気込んでいたものの、様子を見に行ったら凄くシックで高級感あふれる店構え。高級ブランドか?と尻ごんでました(笑)。それもそのはず、お店のデザインはヴィトンの店舗デザインをされた方がしたそうです。窓に掲示されているカフェスペースの値段表がまたびびる。夫人おすすめのその場で組み立ててくれるミルフィーユは「7.60〜8.50ユーロ」でちょい引き。高い……やっぱり高いよ……。というわけでその日は退散。

 でも、だんだんと、せっかくここまで来たんだからスイーツ通のあの人に日本未上陸のこのチョコをお土産に買って帰らないと〜。と思い直し、最終日に再び訪れてみました。


 お店に入り、広々とおしゃれな空間を眺めてドキドキしながらボンボン・ショコラが置いてあるスペースへ。日本だとボンボン・ショコラも一粒300〜400円とかして(一粒700円のメゾンもありますぞ!)、なかなか買えないと思いこんでいたので、ここは詰め合わせはいくらかなぁ?と気をもんでいたところ、オシャレなメタルの正方形のケースが飾ってあり、そこには9粒10ユーロの表示が。

 !!! 9粒で10ユーロ!? 安過ぎる! 当時1ユーロ=110円。何かの間違いでは?? とは思いつつも、そう書いてあるからにはそうなんでしょう。ケースの向こうにいるマドモワゼルにこれください、って頼みましたよ。好きなボンボンを選んでね、っていうので、それぞれどんな味か説明してもらい、9個を選びました。で、包装している間にマドモワゼルが「お好きなのをひとつ味見しませんか?」と。来たね、これだね? とばかりに大好きなフランボワーズ入りのをいただきました。これが本当においしくて! これだけ安くて美味しいんだから、自分用にも買って帰ればよかったのに、何でか買わなかったんですよねぇ。後悔しきり。

 で、10ユーロ払ったわけですが、マドモワゼルが何か話しかけてくるんだけど、私がそのフランス語を理解しないでいると、横にいた青年が「ショウミキゲンハ トウカデス」と日本語で助け船。お、日本語しゃべれる人もいるんだね。カフェスペースには日本語メニューもあるらしいですよ。


2_2


 というわけで、お土産に買いましたボンボン・ショコラ。きれいですね。本当に美味しいんですよ。でも私、パリではジャン=ポール・エヴァンのマカロンは買うんだけど、ボンボン・ショコラは食べたことがないのに気づきました。お土産にアイルランドの友達に買っていったことはあるんだけど、その時友達は世にもかぐわしいものを食べているような表情でしたから、きっと美味しいんだろうなぁ。日本じゃ買わないけど、今度パリに行ったときは買ってみたいと思います!


La Chocolaterie de Jacques Genin
133, rue de Turenne, 75003

TEL:01 45 77 29 01
営業:11:00〜20:00
月曜定休
map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

HéDONIE[エドニー]

Photo


 左岸6区、サン・シュルピュス教会の近くにあるビオの食材がそろうお店、エドニー。はじめてここを訪れたのは、このお店で今は閉店してしまったブーランジェリー、「プージョラン」のパンが買えると知って(この記事です)。最初はそれだけだったけど、お店に入ってみると、重ささえ考えなければ買って帰りたいものが色々。

 エドニーには新鮮なビオの野菜や果物、コーヒーやお茶、ジャム、ワインや食料品、自然派のコスメなど、3000種類以上の商品がそろっています。もちろん、プージョランのパンも。はじめて行ったときに、店の奥に並んだたくさんのジャムに心を奪われ、大好きなフランボワーズのジャムが欲しくなったのだけど、重さ、きっとビオだから普通のジャムより高いはず…という思いこみで、その後行く予定だったボン・マルシェの食料品売り場で買おう!とその時は買わなかったのです。でも、いざボン・マルシェに行ってみるとあんまり値段が変わらなかったので、エドニーで買わなかったことをもの凄く後悔。

 そんなわけで、今回は絶対にジャムを買おうと心に決めて、地図も見ず確かここら辺……と記憶を頼りにたどり着いてみる。ジャム売り場で物色していると店員のマダムが近寄ってきて、何を買うのか聞かれました。

 エドニーでは、商品に値札やバーコードが貼ってありません。なので、商品を店員に示し、店員がその値段をメモに書き込み、そのメモをもらってレジで支払いをするシステム。何だか、昔ながらの買い物方法って感じで面白いですね。

 で、私は念願のフランボワーズと黒いちじくのジャムを買いました。写真がその黒いちじくのジャム、「Figue Noire (フィグ・ノワール)」パンに入ったドライいちじくが好きで、ジャムを買ってみたんですが。おいしいです。フランボワーズもおいしかった♪ もう全部食べちゃったけど…。


HéDONIE
6, Rue de Mézières 75006 PARIS
オープン 月曜日 12:00〜20:00、火〜土曜 11:00〜20:00
日曜定休日
map

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

La maison Kayser[メゾン・カイザー]

1

 パリの街でお金をかけず、おいしい物、かわいい物を見つけるためのアドレスを、わたし目線でまとめていこうと思いました。以前の記事に書いた物も、改めてこのカテゴリーに直していきたいと思っています。

 2002年にパリに行ったとき、いつも利用するアパルトマンの管理をしている宇藤さんから、「おいしいパン屋さんがあって、今人気ですよ」と教えてもらったのがカイザー。宇藤さんとはいつも行くたびにおいしい物の情報交換をしています。

 その時は15区のコメルス通りのお店を教えていただき、さっそくバゲットを買いにいって食べてみたところ、確かにおいしい!と思ったものです。それで私の中にこのお店の名前がインプットされたんですが、何年か後に、このカイザーが日本に進出しました。


2


 バゲット・モンジュというのが看板商品のバゲットで、パリで食べた味を思い起こしながら買い求めて食べてみたのですが、なんだか「……?」という印象でパッとせず。このがっかり度は結構なもので、パリのバゲットのあの味が日本でも食べられる!という期待を裏切られてしまったので、その後あえて買うことはなかったんです。

 でも世の中でカイザーのパンはもてはやされ、出店は続き、電車の乗り換えで必ず通る駅にある百貨店にも出店されたので、「あの時は何かの間違いだったのかも〜」と懲りずに再びバゲット・モンジュを買ってみた。でもやっぱり私にはハテナ?だったのですね。もう買わなくていいや、なお店になってしまった。

 そんな残念なイメージをお店にいただきつつ、今年パリに行ったときにたまたまカイザーの近くに行くことがあったので、パリの味はどうなんだろう?とバゲット・モンジュを買ってみたんです。そしたらこれが凄くおいしかったんですよね! 「あ、やっぱりパリのはおいしいんだ」と。

3

 今回行ったのはモンジュ通りにあるお店。カイザーの第1号店でバゲットの名前の由来になった通りにあります。時分どきでもあったし、お店の前には行列が。昔このお店の近くに滞在したときに何度か買いに来てたので、記憶を頼りに地図も見ず行ってみた。この日の夕飯はサーモンのソテー。胴体輪切り、ってのがフランスらしい。

 メゾン・カイザー、パリではぜひおすすめしたいブーランジェリーです。


La maison Kayser
モンジュ通りのお店●8 rue Monge , Paris 5e
オープン 6:45〜8:30(土日は6:30〜8:30)
火曜定休日
map

| | コメント (11) | トラックバック (0)