« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

エールフランスのリムジンバス

 Les_cars_1

今年のパリ旅行までカウントダウン状態です。心がニヤニヤしております。準備は全然です…。

 昨年行った時に、空港からアパルトマンまで乗ったタクシーが事故渋滞に巻き込まれ、料金が90ユーロを超えたという嫌な体験もあり、このユーロ高、もうちょっと費用を抑えたいと思って、今年はエールフランスのリムジンバス(ナベット-Navette)、Les carsを利用して市内に出ることにしてみました。


 帰りには時々使っていたのですが、空港から使うのは初めてです。ネットであらかじめチケットを買えるので、当日慌てないしチケットを買ってみました。


Les_cars_2


 片道16.20ユーロのところ、往復で買うと27.50ユーロでお得です。4人以上なら団体割引も適用されますよ。英語でも表示できるのでフランス語が分からない方はそちらが良いでしょう。日本のエールフランス・サイトにも日本語で案内がありますが、最終的には英語かフランス語のページで買うことになります。4つのルート案内がありますが、シャルル・ド・ゴール空港(CDG空港)から凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール・エトワール広場へはルート2になります。

 上から順に、
 ■片道——パリ市内 → CDG空港
 ■片道——CDG空港 → パリ市内
 ■往復——パリ市内 ←→ CDG空港
 ■往復——CDG空港 ←→ パリ市内
 ■団体——パリ市内 → CDG空港
 ■団体——CDG空港 → パリ市内

という並びになっていますので、どの方向に向かっていくかに注意して、片道か往復かで選びます。つまり日本から着く私が往復で買ったのは上から4つ目です。団体は往復チケットがないようです…。購入するときに名前と乗る日にちを入力し、カードで決済します。注文が完了すると登録したメールアドレスに2通メールが送られてきて、1通目はお買い上げありがとうございますのメール。2通目はチケット印字画面のリンクがついた購入完了確認メール。そのリンク先から自分の名前や乗車する日付が記載されたチケットを印刷します。印刷したら、ご丁寧に書いてある切り取り線や“ここを折る”に従ってマイ・チケットが完成です。

 楽ちんな上に、お安い。リムジンは快適ですしね。

 ではでは、今年も行ってまいります。


*補足

印刷したチケットに切り取り線や折れ線がついているのは、往復で買ったときのみのようです。片道だけですと印刷したA4の紙のまま、ドライバーに渡せば良いようです。





Les cars乗車券購入ページ(英語)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

モン・サン・ミッシェルの橋

 ブログの更新を怠っているので、各方面からどうしたの?とか、待ってますとかのお言葉に胸が痛む毎日です…(笑)。


 今年に入って、数人の方からパリ旅行についてご質問など頂いたりすることがあり、私が知る限りのことをお伝えしているのですが、正直、これが嬉しくて。ついついお返事も長くなりがちです。

 私はもうパリに出かけるのが当たり前のようになってしまって、ヨーロッパ旅行や一人旅に何の抵抗もなくなってますが、友人などと話していると、ヨーロッパ旅行は夢のようなこととよく言われます。今まで行けるような気がしてなかったけど、いつか私と一緒になら行けるような気がする!とまで言ってくれる人もいます。

 早く一緒に行けると良いなぁと思いつつ、パリに行きます!という方の不安を取り除くために何かアドバイスできて、その方がパリを楽しんでくれたら、このブログをやってきた意味がそこにあるのだととても嬉しい気持ちでアドバイスさせていただいてます。住んでいるわけではないので、旅行者目線だし私が知らないことも多いと思うのですが。


 そして今年も9月にパリ旅行を決めました。ユーロが高すぎてびびっていたのですが、行くと決めて以降、ユーロがじりじり安くなってきています…。下がれ下がれ、もっと下がれと念じる毎日。


 さて、話はパリから離れますが、先日かの世界遺産、モン・サン・ミッシェルに続く道路の代わりに橋を作ったという壮大なニュースを見ました。さてその写真がこれ。

1


 今までの堤防の道は砂の堆積を招いてしまい、満潮でぐるりと海水につかることが少なくなったことが原因とかで、新たにこの橋を作って堤防を壊し、満潮で海につかる島を作り出したいようです。しかし、何だか無粋……と思ってしまうのですが、どうでしょうね?


 昔々、まだ島まで直接車で行けた頃訪れたことがあるのですが、最寄り駅から乗ったバスが堤防にさしかかり、その先にモン・サン・ミッシェルがそびえる姿はとても感動したものです。そんな古い写真も載せてみます。

2


 当時はまだテレビなどで見るような混雑もなく、のんびり観光できましたが今は凄そうですね…。今年も丁度満潮の日にフランスにいるんだけどな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »