« ベルギーに日帰り旅行[une petite voyage à Belgique] | トップページ | フランス革命をたどる »

2013年3月 4日 (月)

アルマ橋のたもと

1


 今回アルマ橋を通ったら、炎のモニュメントにはダイアナ妃没後15年目に寄せるメッセージが。そうですか、あの悲しい事故からもう15年が経つのですね。

 もともとあの事故の前からここにあったモニュメントですが、いまやもう、ダイアナ妃のパリにおける墓碑のような存在です。


2


 そして15年目の故・ダイアナ妃に贈られる数々のメッセージと花。こんな風に今でも世界中の人に愛されるダイアナ妃の人生と、彼女の死をいたむ人々の想い、そして彼女の無念だったであろう想い。色々考えると目頭が熱くなってくる場所です。私もしばしお祈りさせていただきました。


3






大きな地図で見る

|

« ベルギーに日帰り旅行[une petite voyage à Belgique] | トップページ | フランス革命をたどる »

さんぽ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。6月にパリ旅行(大人二人)するためにネットサーィンしていると「ぶらぶらパリさんぽ」にたどり着きました。どのガイドブックよりオリジナリティーのあるパリ生活が紹介されており毎日楽しみに拝見しています。実はアパルトマンを探しておりブログ内に紹介していた「パリの部屋」に問い合わせしました。あいにく、ソファーベットの部屋(ヴィクトルユーゴー2」しか空いていなかったのですが・・・。少し決めかねているのでご相談しております。私は清潔で豊富な湯が供給されゆったりと過ごしたいと思っています(排水設備も良い)。ご経験上、パリの部屋のお部屋はいかがでしょうか。不躾なご質問をしてすみません。よろしくお願いします。

投稿: Uya | 2013年3月 7日 (木) 09時52分

Uya様

いつもご覧頂いているということで、ありがとうございます。
励みになりますです。

おたずねの件ですが、「パリの部屋」で扱われているお部屋は、
管理人様の美的感覚も相まって、どこのお部屋も間違いがないです。
住人がミュージシャンだったりするので、センスがよいのです。
ユーゴ−2の部屋に泊まったことはありませんが、
見た感じだとセントラル給湯なので、リミットなく温かいお湯が出るはずです。湯舟もありますしね。
もし更に詳し情報が必要でしたら、プロフィールにあるメールアドレスからご連絡ください。

投稿: sekimari | 2013年3月 7日 (木) 11時12分

早速、お返事ありがとうございます。
プロフィールのメールアドレスはOutlookを使用しないと遅れないようで、私のPCは対応できませんでした。スミマセン。この地域の治安や便利さ(手頃なレストランがある・・・など)をお聞きしたいと思っています。
もし、お手間でなければ私どものメールアドレスへご返信頂ければ幸いです。

投稿: | 2013年3月 7日 (木) 13時49分

毎回楽しませてもらってます。
書込みは本当に久しぶりです。
さて先日、リフレッシュ休暇を会社がくれ久しぶりに、
南フランスとバルセロナの友人を訪ねた後、バスク地方に抜け最終パリでふらふらしてきました。

あちらの家庭、ホテルの後は、パリではキッチン付のホテルにしたいなあ・・・
好きな地区は17区、7区あたり・・・と思っていたところ、
このブログでのアパルトマンを思い出し、出発5日前という
ところで、4泊を5泊の料金でいいからと無理を言って、エコールミリテールの部屋を貸してもらいました。

17区も7区も滞在したことがあり、近所に美味しいもの屋さんがあるし、小洒落た地区だし。
でも寒かったです。
南の後だと、まだ八百屋の店先には春の感じがまだもう一つだっかかな。生産者が掘りたてを売っていた白アスパラよりも、パリで茹でて食べたのは香りが薄い感じでした。

バター、クリームはフランスは、やっぱり美味しい。
牛乳もクリーム屋さんで買うと、本当にミルク!!です。

投稿: M | 2013年4月 2日 (火) 00時16分

M様

お久しぶりです!
リフレッシュ休暇、素敵ですねぇ〜。

そしてエコールミリテールの部屋に泊まられたんですね。
あそこは大変便利で素敵なロケーションです。
冬シーズンにパリを旅したことはありませんが、
寒かろう…ということは想像できます……。

酪農大国の乳製品はいちいちレベルが高くてビックリですよね。
私もまた行きたくなってきました!
不定期&稀更新のブログですが、良かったらまたお立ち寄りください。

投稿: sekimari | 2013年4月 2日 (火) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/49841474

この記事へのトラックバック一覧です: アルマ橋のたもと:

« ベルギーに日帰り旅行[une petite voyage à Belgique] | トップページ | フランス革命をたどる »