« ミラベルのコンフィチュール作り | トップページ | パリいちばんのトラディション »

2012年10月28日 (日)

本当においしいコーヒー…

1


 パリのコーヒーはおいしい。
 パリに行きはじめた頃、街角のカフェで飲むコーヒーのおいしさに驚き、日本では同レベルのコーヒーに出会えないことを残念に思っていましたが、時がたち、日本のコーヒーもレベルが上がってきておいしいものが飲めるようになりました。

 今回のパリ行きでは、本当においしいと評判のコーヒーを飲んでみよう、というのがサブテーマ(メインテーマはフランス革命に出会う旅(笑))。事前のリサーチでこれは!と思っていたカフェに行ってみました。


 場所はマレ地区にほど近いセーヌ川沿い。
 お店の名前はLa Caféothèque de PARIS。よくあるような、店の外にもイスとテーブルがあるような作りのカフェではありません。入り口すぐのところでは、お店自慢のコーヒー豆も販売しています。奥の深い作りで、入り口のところにもアラビアンな雰囲気のちいさなカフェスペースがありますが、ずんずん奥に入っていくと緑にあふれたくつろぎの空間が!

2


3

 そしてこれがカルト。シンプルかつ、わかりやすいです。後ろのページには産地別に特徴の書かれた豆の説明もあります。様々な飲み方も、何がどんな配合で作られているかの説明があるのもいいですねぇ。

4


 さて、何を飲もうか悩んで、カフェ・デュ・ジュール(本日のコーヒー)を、ノワゼットで頼んでみました。で、出てきたのがこれ。若干、ラテアートが微妙なのですが(笑)、ノワゼットと言えばエスプレッソにミルクをちょいっと垂らしたもの…と認識していたので、こんなフォームミルクが載っていようとは…。

5


 で、一口すすってみて、衝撃を覚えました。わたくし、料理記者でもバリスタでもないので、正直このおいしさをうまくお伝えできません。ただ、あまりの驚きに目を見開いてじっとカップを見つめ続けたかもしれない…。コーヒーってこんなにおいしいの?という驚きです。うっとりするような、ビロードのような口当たりで、深い味のコーヒー。おそらく今まで飲んだコーヒーの中で一番おいしいと思います。まあ、そんなに語るほどコーヒーを飲み歩いている訳でもないのですがね。

 ああ、でもでも、こんなコーヒーの味を知ってしまったら、これからどうやって普通以下のコーヒーにであった時、耐え忍んでいけばいいのでしょうか? 


 後日、あの味が忘れられなくてもう一度訪ねたのですが、私がオーダーしたものを、それよりもノワゼットにするならこっちの方がいい、と熱く語って説明してくれた店員さん。たぶん、私がオーダーしたのは(生意気にもテロワール・ド・ヴォートル・ショワ。産地別をお好みで…のような)ミルクを入れるよりもストレートで味わう方がいいから、飲みたいなら2杯目に…とか、そんなようなことを言っていたのではないかと、フランス語はまだまだの私は理解したのですが…。このカフェを知ったときに読んだ記事から、彼がパリ・バリスタコンクール・ファイナリストのほんまもんのバリスタさんでは…と思われる。だからこんなにおいしいのですねー。本当にコーヒーを語る彼は熱かったから!

 このお店でアマチュアからプロ向けまで、カフェ講座をやっているようです。パリに住んでいるんなら通いたいところだ。

6


 で、2度目に訪ねたときに出てきたノワゼット。今回はラテアートもばっちり。

 こんなカフェが家や職場の近くにあったなら、通い詰めてしまいそう。ああ、また行きたい……。




●La Caféothèque de PARIS
52, rue de l’Hôtel-de-Ville
TEL:01 5301 8384
営業:毎日9:30〜19:30まで(無休)
メトロ:7号線 Pont-Marie、1号線 Saint-Paul
バス:67、69、76、96

MAP

大きな地図で見る

|

« ミラベルのコンフィチュール作り | トップページ | パリいちばんのトラディション »

パリのアドレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/47613178

この記事へのトラックバック一覧です: 本当においしいコーヒー…:

« ミラベルのコンフィチュール作り | トップページ | パリいちばんのトラディション »