« 買い物  -2- | トップページ | カフェでくつろぐ »

2012年3月26日 (月)

買い物  -3-

31


 パリ観光の鉄板コース、それはマルシェ。マルシェで買い物って憧れですよねぇ。色とりどりの野菜や花、迫力の生肉と魚介類……美味しそうな食材に目移りします。小粋に(笑)買い物したらすっかりパリジェンヌ……ですから。


 とはいえ、逃れようのない対面販売となるとなかなか言葉が自由でなければ勇気がいるものです。私もなかなか勇気が出ず見て回るだけでしたが、買い物の時のフランス語を勉強しておそるおそるトライしてみたものです。


32

▲大抵はキロ単位の値段表示です。


*便利フレーズ 1——Donnez-moi ça, S'il vous plaît[ドネ・モワ・サ、シル・ヴ・プレ]

 「これください」という意味なので、欲しいものを指さしてこのフレーズでOK。おそらく欲しい個数を「コンビヤン?」と聞かれると思います。ひと束にまとめられているものだったら欲しい分だけun, deux, trois[アン、ドゥ、トロワ]と個数を伝えればいいですね。最初からトマトをいくつ、と伝えるなら、「ça(これ)」の部分を「trois tomato」と換えて。重さで伝えるなら「ça(これ)」のあとに「100g(ソン・グラム)、200g(ドゥソン・グラム)」を加えるとよいです。


33

▲お総菜なんかも売られていて、そのままピクニックに行けそう。


*便利フレーズ 2——Comme ça [コム・サ] 

 1本・2本、1個・2個、100グラム……など数えられるものだったら前記でよいのですが、例えばほうれん草のように(フランスでは株ごとではなく葉がバラバラの状態で売られています)個数も重さも伝えようがないとき、または何グラムがどれぐらいの量か分からないとき「コム・サ(これぐらい)」と手でサイズを示して希望の量を伝えます。多分、これは便利。


34

▲シーフード・バーベキュー〜♪ こんなものまで〜。


 さて、マルシェでは定番のやりとりがあるので、よく耳を澄ませていましょう。

 例えば、トマトを5個お願いしたとします。すると売り子のおじさんやおばさんはきっと「Avec ceci ?[アヴェク・スシィ?](他には?)」とか、「C'est tout?(それだけ?)[セットゥ?]」と聞き返してくるはずです。ドキドキしながら待ってみてください。この言葉が聞こえてきたら、もしまだ欲しいものがあればそれを伝え、それ以上買うものがなければ、「C'est tout.(それだけです)[セットゥ]」と言えば会計してくれます。

 スーパーのようにレジがないときもありますから、金額を聞き取るのが大変でしょうが、たどたどしく頑張っていればきっとお店の人が手助けしてくるでしょう(希望的観測)。あらかじめ値札をみておよその金額を割り出しておくとか、頑張って聞き取るしかない。私もいまだに緊張する瞬間です。わかんないからとりあえず大きな額の紙幣を出すとか、そういうのはいただけないと思います。そもそも大きな紙幣をもつのが危ないので、私は大きくても20ユーロ札を限度にしてます。


35

▲フランボワーズ! たまりません。


 たどたどしいながらも頑張って買い物してみれば、きっと凄くいい想い出になるはず。マルシェは大体12時頃に終わってしまいますが、一番混む時間帯だとお店に行列が出来るので、殺気立ってゆっくり買えないかもしれないですねぇ。ちょっと時間をはずすといいかもしれません。

 そしてもちろん最初にボンジュール、帰りにオルボワールをお忘れなく♪


36_2

▲ハーブやジャムなどはお土産にもよいです。


38

▲キュウリがまっすぐである必要性がないのですね。


※これはあくまで私個人の経験による感想です。

|

« 買い物  -2- | トップページ | カフェでくつろぐ »

パリ・ひとり旅のすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/44640383

この記事へのトラックバック一覧です: 買い物  -3-:

« 買い物  -2- | トップページ | カフェでくつろぐ »