« ことばの問題 | トップページ | フロマージュリー・ベイユヴェール »

2012年2月13日 (月)

治安

Photo


 女性が海外ひとり旅といったら、治安の問題が気になります。ひとりでいても大丈夫なのか? 危険はないのか? スリに遭わない? など、不安は尽きませんね。


 パリの場合、街歩きでもメトロでも、危ないと言われる地域でなければ、ひとりでぶらぶらしていても危険な目には遭わないと思います。危ない場所…といったら、歓楽街や郊外寄りの場所。特にパリだと北東方面の郊外でしょうかね。歓楽街に危険が付きものなのはパリに限ったことではないですよね。ピガール界隈やサン・ドニ界隈なんかがちょっと私も怖い感じがしますね。特に夜は。

 郊外に関しては、決して人種差別で言うのではないですが、移民が多く住んでいるので治安は良くないようです。私もラ・ヴィレット駅の改札出たところで黒人の男の子に嫌がらせされました。アレはちょっと怖かった。だから郊外とパリをつなぐRER線も、乗客の感じはちょっと怖いですねぇ。あと、北駅周辺も治安が悪いと言われています。銃は所持が規制されていますから、アメリカのような怖さはありません。


 そうでなければ、普通に観光する範囲であれば治安はよい方だと言えると思います。危ないと言われつつも、真夜中のメトロに乗ってたりもしました。でも怖いことはなかった。


 ひとつ大事なのは、自分の危機管理です。犯罪に遭うかどうかは自分持ち! ということです。危ないところに近寄らないのはもちろんのこと、無防備な状態をさらさないこと。手荷物には気をつけること。一番いいのは、観光客ぶらず、パリに住んでる人のふりをすることです。ハイブランドのショッピングバッグを提げてぶらぶら歩いていたら、それこそ敵には「カモ到来」なわけですし、通りでガイド本をおっぴろげて地図をみてたら「観光客! しかもリッチな日本人」と思われるわけですし。

 とはいえ、気を張ってばかりいては観光も楽しめませんから、とりあえずカバンの口は常に視界に入るところに向けていることにお気をつけください。メトロなどの中では、スリが狙っています。夕方頃、疲れてメトロでぼんやりしてるようなときが一番危険です。メトロの中で日本の電車のように眠ってはいけません。眠るなんてもってのほか。あちらでは眠ってる人なんていませんよー。


 まあ、などなど、えらそうなことを書きましたが、かくいう私もパリではメトロで財布をすられ、ローマではリュックを切り裂かれてパスポートと航空券を盗られるという目に遭っております。はい、犯罪は自分持ち。危機管理がなってなかったところを案の定やられました。あと、郊外寄りの公園のそばのジョギングする人がちらほらいる程度の道路で、ジョギングしていたおっちゃんに「いくら?」って聞かれたことも…。こわいですねぇ〜〜。


 ・カバンから目を離さない
 ・人前でお札を見せない
 ・軽々しくナンパについていかない

 これが大事です。ナンパに関しては、若い人だけとは限りません。おじいちゃんにナンパされたこともあるし、なにせアムールの国ですから…。うっかりやぶさかではないような態度を見せるとあとがシツコイですよ。はっきりノンと言ってやりましょう。


 あとは、外務省の「海外安全ホームページ」で国ごとに頻発している犯罪の事例を紹介しているので、参考にするといいのでは。シャンゼリゼ通りでニセ警官がパスポート見せろと言ってくるとか、そんなことも書いてあったりします。


 ともあれ、犯罪に遭うとそのあとの旅が台無しになるので、遭わないに越したことはありませんね。

※これはあくまで私個人の経験による感想です。

|

« ことばの問題 | トップページ | フロマージュリー・ベイユヴェール »

パリ・ひとり旅のすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/44105351

この記事へのトラックバック一覧です: 治安:

« ことばの問題 | トップページ | フロマージュリー・ベイユヴェール »