« Musée du Louvre[ルーヴル美術館] | トップページ | 感謝——Merci à tous! »

2011年10月14日 (金)

中華の一人ランチ

 少し汗ばむくらいの6月中旬・パリの昼時。散歩の後のランチタイムをシャンゼリゼで迎えました。

 シャンゼリゼでランチ。しかも一人ランチ。


 何を食べようか悩みながら、脇道にある何度か行ったことのあるクレープリーでガレットを食べようと思ったけれど、その日は運悪く定休日。どうしようか?と道の向かい側に目をやると一見のレストラン・シノワが。はい、中華料理店です。


 パリには本当にレストラン・シノワが多くって、味はどれも平均的、メニューもたいてい似たり寄ったり。中にはベトナム料理なのか中華料理なのか良くわからない…というようなお店まで。味はまずまずなので、パリ滞在中は中華総菜屋さんでテイクアウトしたりレストランに行ったりと、何回か食べます。


 さて、ぶらっとお店に入り、テーブルに案内されます。歩き疲れてのども渇き、そんな時のランチには迷わずビールだよね! と言うことでビールとエビの焼きそばを注文。ほどなくエビせんべいとビールが運ばれてきます。ビールを頼むともれなくエビせんべいのお通し付き。これもどこでも同じかと。

1


 昼日中から女の子がお酒とはいいご身分。しかも、くどいようですが一人ランチです(笑)。一人レストランは苦手な私ですが、歳をとるにつれこんな事も出来るようになったのね、と一人感慨に浸るパリの昼下がり。フランスではランチにアルコールも至極当たり前ですがね。

2jpg


 しばらくすると焼きそば登場。Nouilles Sauteとか言うんだったっけか? ちょっと忘れてしまいました。結論からすると、ちょっと今ひとつだったここのお店の焼きそば。エビがねぇ、炒めすぎて外側が固いんですよ。味付けは、先ほども言いましたが本当にどこでもほぼ同じ味。業務用の焼きそばソースでもあるに違いないというほど、どこでも同じ。ある意味安心して食べられるのですが、焼き加減だけはねぇ。


 それでもおなかいっぱいになって、お店を後に。しめて12ユーロの一人ランチでございました。
 

|

« Musée du Louvre[ルーヴル美術館] | トップページ | 感謝——Merci à tous! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/42500046

この記事へのトラックバック一覧です: 中華の一人ランチ:

« Musée du Louvre[ルーヴル美術館] | トップページ | 感謝——Merci à tous! »