« インスタントのエスプレッソ | トップページ | Gare de Lyon[リヨン駅] »

2011年9月13日 (火)

念願のジャック・ジュナン・ミルフォイユ

1

 去年、おなかに空きがなかったのと、お値段の高さに尻込みしたのとで食べ逃した、ショコラティエ、ジャック・ジュナンのミルフォイユ。しかしやっぱり食べておくべきだった!と激しく後悔。せっかく高い旅費を出してパリくんだりまで行ったのに、800円ぐらいのケーキにビビるこの小市民さを、笑わば笑え。
 ま、貧乏旅行ですから…。その時の記事はこちらで…。


 そんなわけで、「たのもー!」と玄関を叩く前に、お値段をチェック…(笑)。小市民ですから。去年は一番お安いキャラメル味のミルフォイユが7.50ユーロしてたんですが、今年行ってみたら6.40ユーロ。

 おや? Qu'est-ce qui se passe?

 で、意を決してお店に飛び込み、ミルフォイユ・キャラメルをひとつ持ち帰りで注文。こちらではミルフォイユは注文してから2階のアトリエで組み立てはじめます。ので、しばし待ちます。その間にやっぱりボンボンを試食させてくれ、とっても親切。


 「こちらでよろしいですか?」と箱に入ったミルフォイユを見せられる。
 あらっ! 正方形なの! と驚きました。しかもサイズ大きめ。多分、一般的なサイズの2倍……いや、1.8倍ぐらいかな。だったらこのお値段でも頷けるというものです。

2

 その後、あちこち買い物して廻ったので、家に帰って箱を開けてみると、表面の粉砂糖もうすらぼやけ、丸く絞られたかわいいキャラメルクリームも下の段は側面がつぶれ、ちょっと残念な形に。

 でも、味は期待どおり素晴らしかったです。サックサクにしっかり焼かれたフィユタージュも、ほんのり苦いキャラメルクリームも、おいしかったぁ…。やっぱり大きかったので、2回に分けて食べましたけど。


 パリに行ったらミルフォイユを食べずにはいられない私(日本ではほとんど食べないけど…)。ジャック・ジュナンの前に、通りがかりのパティスリーで1回買っていまして、実はそちらのミルフォイユも正方形だったのです。

3


 今パリのミルフォイユは正方形が流行りなのでしょうか?

 こちらは2.80ユーロと庶民価格。フィユタージュがちょっと焼きすぎていて苦みが残り、そこだけが残念だったけど、クレームパティシエールは美味しかったです。


 今度は小市民なことを言わずに、ジャック・ジュナンのサロン・ド・テでお茶してみたいなぁ。


*ミルフォイユ[Mille-feuille]=ミルフィーユ。あちらでこのまま発音するとほとんど通じません。ミルフォイユと言うのが正しい発音に近いようです。


La Chocolaterie de Jacques Genin
133, rue de Turenne, 75003

TEL:01 45 77 29 01

営業:11:00〜-20:00

月曜定休
map 

|

« インスタントのエスプレッソ | トップページ | Gare de Lyon[リヨン駅] »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/41674571

この記事へのトラックバック一覧です: 念願のジャック・ジュナン・ミルフォイユ:

« インスタントのエスプレッソ | トップページ | Gare de Lyon[リヨン駅] »