« やっぱりマレのランチは… | トップページ | 中華の一人ランチ »

2011年9月25日 (日)

Musée du Louvre[ルーヴル美術館]

1


 あまりに当たり前な観光スポットで、これまであんまり触れてこなかったですね。

 でも、パリに行くたびに必ず訪れる場所です。ええ、何度でも。だからここだけの話、もしルーヴル美術館を訪れる際は、ガラスのピラミッドからの入場は避け、地下街から繋がる入口をご利用くださいませ。確実に空いてます。暑い中・寒い中、地上で大行列に並ぶのはキツイですからね。


 パリではじめて美術館に行ったとき、ルーヴルであれ、オルセーであれ、とにかく驚いたのは教科書に載っている世界の名画が、触れんばかりの近さで見られることでした。日本のように遠くから、ロープで仕切られて、ぎゅう詰めの人だかりの中やっと見る…ということなく、ガラスで覆われてもいなければ、ロープも張られていない世界の名画をじっくりと鑑賞できるのです。

 あ。モナ・リザだけは別です。あれは特別に警護されていますからガラスの中だし、ロープも張られているし、ぎゅう詰めです。


 日本の美術館はとにかく混んでいて、見たい絵をじっくりと、邪魔されずに見ることが困難なのであまり行くことはないんですが、パリの美術館は好きですね。じっくり見られる。


2


 ルーヴル美術館に行くたびに、必ず見に行くのがダヴィッドの大作「ナポレオンの戴冠式」です。なぜかこの絵が大好きで、絵の前のソファーに腰掛けてしばらくボーッとながめます。とにかく広いので、行くたびにコースを変えて見るのですが、それでも多分まだ見切れていないと思います。あまり興味のない壺とか(笑)、ミイラの展示を見ると気持ち悪くなっちゃうエジプトコーナーとか…。


 今回目に付いた作品達は……


3


 ボッティチェリ。繊細で美しい…! ダ・ヴィンチもいいけど、イタリア絵画では好きな画家です。


 収蔵品は多岐にわたるルーヴル。ゴージャスなステングラスも……


4


 宝飾品ももちろん。誰の何だったかな……? 王家関係だったと思うのですが。


5


 「ナイルの娘ー!」と聞こえてきそうな、オリエント美術も廻ってみました。分かる方だけお笑いください(笑)。


6


 そして、おお! ハンムラビ法典。ちょっとこれは感動しました。教科書で見た見た!って感じですが、正確にはなんだったか思い出せず…。え〜っと………


7


 今回、金曜日の夜は9時45分まで開館していて、18時から無料という情報があったのでその時間に行ってみたのですが、普通に料金10ユーロを取られ、キツネにつままれたまま帰国。調べてみたら無料なのは26歳未満でした。そうだったのか。顔でだます自信はありますが、身分証でばれちゃいますねぇ…。

 さて、外に出てみると美術館の脇を通るリヴォリ通りが、なんとなくすっきりと。美しい直線のラインを描き出す夕暮れに出会えました。


8


 6月の午後9時。私の大好きなパリの白夜です。


Musée du Louvre[ルーヴル美術館]

|

« やっぱりマレのランチは… | トップページ | 中華の一人ランチ »

さんぽ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/42006688

この記事へのトラックバック一覧です: Musée du Louvre[ルーヴル美術館]:

« やっぱりマレのランチは… | トップページ | 中華の一人ランチ »