« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月21日 (木)

ありがとうございます

Photo_3

 ちょっと前なんですが、当ブログのアクセス数が3万を超えました。
 少々感慨深く、記念に画像に残しました。


1_2


2_2

 29999と30000。


 もちろん人気ブログのアクセス数なんてそれこそ桁違いでしょうが、地味ブログとしてはこんな数字も嬉しいもんです。


 これもひとえにいつもおいでくださる皆様、そして通りすがりにおいでくださった皆様のおかげです。


 ありがとうございます。

 個人的な旅の想い出、私見を書いているだけなのに、ありがたいですねぇ。
 遅いペースながらも、新しい記事をがんばってアップしていきます。

 重ねて、重ねて、
 Merci beaucoup!


 ※ブログのサーバ容量がまだまだありましたので、写真をクリックすると別ウィンドウで大きく見られるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ニセジャポ

 パリも日本食ブームですから、本当にたくさんの日本食レストラン、レストラン・ジャポネがあります。


 でも多くは中国人やベトナム人経営によるスシ・ヤキトリがメインのなんちゃって日本食レストラン。それを「ニセジャポ」というのですが。


 本当の日本人による正統派和食レストランはそういったニセジャポと差別化するために、何年か前に会を作って正統を表すシールを貼ろう、なんてやってましたよね。

 ニセジャポの見破り方は至極簡単。お店の名前に日本の地名がよく使われているから。「TOKYO」だの、「OSAKA」だの、「OKINAWA」だの(笑)。日本=沖縄なの?と意外な気もしますが。一方正統派は店主の名前だとか、日本古来の言葉を店名にしているところが多い。友達の経営するレストランも、「縁 - えにし - 」ですし。


 で、ある日街歩きの途中で見かけた日本食レストラン、「KUBODA」。

Photo


  一見、正統派と見せかけていますが………
 そこ、「DA」って濁らないから!!

 おしいっ!! 残念っ!


 それとも「くぼだ」って濁る久保田さんがいるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

パリの好きなところ

Photo


 パリの好きなところは、こんな風におばあちゃんがおしゃれなところ。


 よく見かけるんですよね、真っ赤なスーツを着たおばあちゃん。今回は二人連れで見かけました。もしかして双子? 赤いスーツのおばあちゃんに出会うと、嬉しくなります。


 いつまでもおしゃれを楽しむ心意気がパリジェンヌ。
 どれだけ歳を重ねても、それがパリジェンヌ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

フランボワーズのコンフィチュール作り

 なかなか更新が出来ず。忙しいシーズンに突入したものですから。


 今回のパリ旅行では、色々と新しいことをやってみたり、妄想していたことを実践してみたりと、なかなか充実の旅だったのです。その妄想のひとつが、ジャムを作ること、だったのです。


 ジャム——コンフィチュールですが、毎回、パリに行くと自分お土産用にフランボワーズのジャムを買っていました。でもふと思いつき、自分で作ってみたならば……?と激しく妄想。日本でも作ったことないけど、チャレンジしてみたくなったのです。


1


 というわけで、マルシェでフランボワーズを買い込みました。
 写真の1カゴで250グラム。500グラム欲しかったので2カゴ買いました。なんとこれでたったの5ユーロ!! ひょっとしたら作る方が高くつくかも……と心配していたのですが、思いの外安く買うことが出来て満足。普通、パリでもフランボワーズは100グラムぐらいで(多分)2ユーロちょっとはしますから、これはとてもお買い得。確かに小粒で形も崩れたりしてたけど、どうせジャムにするのだし。


 あとは砂糖とレモンを買い込み、ジャム用の瓶を買って準備OKです。


2


 まずはフランボワーズを軽く洗います。とても壊れやすいので、注意しながら洗ったのですが、よく考えたら、ジャムにするんだった…! なかにはまだヘタの付いたものもあり、初めてヘタをみたのでプチ感激。ザッと水気をペーパーナプキンで取り、鍋に移します。


3


 分量の砂糖とレモン汁をフランボワーズに振りかけ、鍋をゆすってなじませ、30分ほど置きます。すると水分がしみ出てまいりますので、火にかけ、20分ほど煮込む。


4


 するとこんな感じにジュレ状に♪ 美しい……。


5


 熱いうちに、瓶に移していきます。用意した瓶2つ分より、ちょっと出来たジャムが少なめだったようです。


6


 ふたをして、逆さまにしてさまして出来上がり。


 こんな重い物をよく持って帰ってきたねと言われましたが、そうですね。でも、ジャム作り楽しくて、もちろん出来たジャムも美味しくて、特に甥っ子が喜んでアイスにかけています。甘さ控えめレシピだったのと、柔らかめにしたので、パンに塗るよりソースとしての出番が多いです。


 妄想……いや、目標達成。とてもいい想い出です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »