« コメルス・サン=タンドレ小路[Cour du Commerce Saint-André] | トップページ | 親切な時計屋さん »

2011年3月24日 (木)

le sac de POUJAURAN[プージョランの袋]

Photo


 おや?っという物が出てまいりました。
 

 幻の(?)ブーランジェリー、プージョランの紙袋です。


 我ながらなんと物持ちのいいことか。

 97年にプージョランの近くのアパルトマンに滞在したときの旅行写真を、固い台紙のアルバムにまとめていたんですが、その見返しページに貼り付けてありました。
 まだまだパリにはまりはじめの頃だったので、こんなささいなものもかわいらしく、記念になったんでしょう。まあ、この時にプージョランがなくなるなんて思ってもいませんでしたが。お店のトレードマークだった青い車を描いたピンクのショッピングバッグも、あまりのかわいさに持ち帰ってましたよ。そういえばあれ、どうしたっけ……?

 
 あの時、お土産にカヌレを1ダースほど買いにいったんですが、店員のマドモワゼルがちょっとサンパ(感じがいい)じゃなくて、私のつたない発音を聞き取れなかったのかいやがらせなのか「え? 何? なんて言ってるの?」みたいな小馬鹿にしたような応対でムッときたんですけど、ちょうどプージョラン氏がお店に出てきて「カヌレを12個だ!」みたいな感じで店員を軽くたしなめ、包んでくれたんですねぇ…。カッコええ……。なかなかイケメンでしたよ。パンの味ももちろん、すっかり人柄にファンになったのであります。


 主にヨーロッパの国々を中心にあちこちの国に行きましたが、こういう嫌がらせをする男性って、一人もいないです。友人からは「アジア人だって差別された」とか「日本人だってバカにされた」って話を聞くんですが、う〜ん、私はない。ないどころか、みんな凄く親切だった! 私があまりにも童顔なんで、一人旅なんかして、しかも困ってたりすると「こんな子供が!」って思われてるに違いない!


 そしてまた、入国審査で係員にちょっかい出される率もバツグンに高し。99%。にっこり「ボンジュール!」って話しかけられればそりゃあ、つい「ボンジュール♪」って返しますよ。そうすると「フランス語しゃべれるの?」と、始まっちゃうんです。アメリカの入国審査の時も、「何日の滞在?」って聞かれたから「4・5日です」って英語で答えたら、「英語がしゃべれるの!?」ってうれしそうに……。それぐらいの教育は受けてますっ!
 日本のあのニコリともしない入国審査・出国審査とは正反対ですね。

|

« コメルス・サン=タンドレ小路[Cour du Commerce Saint-André] | トップページ | 親切な時計屋さん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私も、いぢわるされたことはありません。
 
 おぉ、日本人???ちっさっ!

ってなことを言われているのが聞こえたことはありますが・・・

いぢわるそうな顔なのか???
私は敵ですオーラが出ているのか?
いますね。いっつもいぢわるされちゃう人って・・

しかし、カヌレ12個って・・・
幸せだわね。

投稿: Michela | 2011年3月25日 (金) 08時21分

「人に道をきかれやすい」とか〜やすさがあるならば、
私の場合、「ちょっかい出されやすい」です。

しかしヨーロッパ、いい人が多いけど、
もう使えない紙幣をおつりに混ぜたり、
言葉が通じない振りしてタクシー代のおつりを渡さなかったのは
イタリア人ですぞ!

投稿: sekimari | 2011年3月25日 (金) 17時26分

私はParisのレ・アール地区で25cm位ある胡椒ひきとムーラン(知ってますか?野菜をポタージュにする時のハンドル付いた漉し器)を買って機内持ち込みの鞄に入れて出国しようとした時。
バック開けさせられて、それらを見て「料理好きなの?僕も。
ムーラン買う日本人なんて!」等々、先まで無表情でいたくせに急に饒舌になったお兄さん・・・
「もういいの?通してよ、早く!」
まあ、こんなのも楽しいですが。

投稿: M | 2011年4月 9日 (土) 09時32分

M様

お久しぶりです!

レ・アールだとA.SIMONとかですね。
私もよくあの界隈をのぞきに行きます。
クレープパンとか買って持ち帰りましたよ。

ムーラン・ド・レギュームですね?
なかなか一人暮らしでは使わなかったので買ったことはなかったけど、
気になる調理器具ではありました。

セキュリティーの係員が仕事以外のことで気軽に話しかけてくるなんて、
日本じゃ考えられませんね〜。
ビバ・ラテン!

投稿: sekimari | 2011年4月 9日 (土) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/39356378

この記事へのトラックバック一覧です: le sac de POUJAURAN[プージョランの袋]:

« コメルス・サン=タンドレ小路[Cour du Commerce Saint-André] | トップページ | 親切な時計屋さん »