« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月17日 (木)

パリを知る本

Photo


 私がパリに興味を抱くに至った大きな要因がふたつある。フランスの小説「アンジェリク」と、玉村豊男氏だ。

 初めてパリという街に行ってみたいと思わせたのが「アンジェリク」ならば、パリの街の魅力を教えてくれたのが玉村氏。パリに行くと決めたとき、知り合いにいただいた文庫本「パリ 旅の雑学ノート」が玉村氏との出会いだが、私はこの出会いに感謝している。今のようにネットを通じた情報網もなかった頃、その本に書かれていたことは本当に興味深く、パリの楽しみ方を教えてくれた。

 「パリ 旅の雑学ノート」は紛れもないパリガイドブックだが、ホテル、レストラン、ブランド店などの案内は一切ないし、巻末に便利帳があるわけでもないけれど、カフェの利用方法や支払いシステム、トイレの使い方、メトロの乗り方について微に入り細にわたり楽しい文章で教えてくれる。これを読めば、とまどうことなくパリで過ごすためのシステムを学ぶことができる。文庫本の発刊が1983年だから、これを読んだ95年当時でさえ、若干時代に合わない部分もあったけれど、それでも読み物としてパリを知るには本当に実用的な本である。

1


 2011年の今ならどうか? 充分役に立つと思う。もちろんフランからユーロに通貨は変わったし、チップのやりとりも様変わりしたけれど、普遍的に変わらない情報にあふれている。そして今懐かしく読み返してみると、ふんだんに盛り込まれた当時の写真が、もはやパリ風俗史として成立している感もある。ショッピングやグルメだけが目的でなければ、これからパリに行こうと思う人に、絶対おすすめの本。


 以後、女性誌のパリ特集などで玉村氏とたびたび出会うことになるが、昨年上梓された「玉村豊男 パリ 1968-2010」を先日購入した。玉村氏が初めてパリを訪れたのが1968年。私が生まれた年であるのもなんだか縁を感じる。当時の想い出、人との交わりやこれまでのパリでの体験を、氏の描いた水彩画をふんだんに盛り込んで編集されている。私はこれをとても興味深く、楽しく読ませていただいた。


 中でもハッとするような絵がある。小さく紹介された絵だけれど、「早朝のパン屋さん」という作品で、まだ朝暗いうちにパン屋から灯りが煌々ともれている様を描いた物だけれど、これを見た瞬間に、朝のパリの匂い、特にブーランジェリーから漂うパンを焼く匂いを瞬時に思い出して胸がきゅんとした。


2


 玉村豊男氏は、現在長野県でヴィラデストというカフェと農園とワイナリーを経営されている。う〜ん、行ってみたいけど、行ったら玉村氏に会えるかな…?とちょっとミーハー目。行くことがあれば、きっとこの本を持って、サインをねだろうと思っている。


 そして今、たまらなくパリに行きたい病が発病中。


 ●興味のある方に…。
 私が持っているのは新潮文庫のものですが、現在は中央公論社から2009年に再発された模様です。カバーの絵も変わっていますが、内容は変わらないと思うのですが…。


 ●そしてこちらは玉村豊男ファンにお勧め。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

mi-va-mi[ロジエ通りのファラフェル]

Mivami1


 パリに行ったら必ず食べたいもののひとつ、ファラフェル。以前も記事にしましたね。ファラフェルって何?という方はそちらをお読みください。一言で言えば、アラビアン・ベジタブル・ファストフード。ユダヤフードかな?

 で、いつもはロジエ通りの超有名店「ラス・デュ・ファラフェル」で買ってたんですが、とある情報で同じ通りにある「mi-va-mi」が紹介されてたんで、気分を変えてそっちを食べてみることにしたのです。


Mivami2

 ロジエ通りはマレ地区のユダヤフード店が軒を連ねる通り。道路の真ん中がVの字にくぼんでいるのは、昔のパリでは汚水(お○っこ含む)は窓から道に放り捨てるのが習慣だったので、その汚水が道の真ん中にあつめられて流れるようになっている構造。反対に、道の真ん中が盛り上がり、両側の側溝に流れ込むパターンもあります。……恐ろしい…。相当臭ったらしいですから…。

 話がそれました、
 それだけ中世の名残がある、趣のある通りということです。ビジュアル的には凄く好きな通り。


Mivami3


Mivami4


 で、くだんのmi-va-miはラス・デュ・ファラフェルのお向かいさんでして、あらまぁと。順番を待ちながら中をのぞくと、小さな丸っこいスプーンを使ってひよこ豆のコロッケを揚げていました。なんか、鯛焼きにあんこを詰めるときのような……。野菜もカットされた状態でショーケースに並び、とってもカラフル。ピタパンをカットし、野菜を詰め、コロッケを乗せ、揚げナスをトッピングし、酸っぱいめのソースと辛いアリサをかけていただきます!


Mivami5


 こぼれ落ちんばかりに盛りつけられた大きなファラフェルを片手で持ち、もう片方の手でカメラを持って撮影。ちょっと大変だった…。引きで撮ったのがちょっとピンぼけ気味だったので、こちらのどアップを。

 味はラス・デュ・ファラフェルのよりもニンニクが利いてました。辛そうに見えるアリサも大して辛くなく、いいアクセントになります。ニオイを気にするならお向かいさんのをおすすめ。そしてこれでテイクアウト5ユーロ。あんましおなか空いてなくて、食べ残しちゃったんですけど(ピタパンを)。


 食べたいなぁ…と思っていたら、日本でもファラフェルを売ってるお店があるみたいじゃないですか。溜池山王と神泉に。ぬぬぬ……偵察に行かねば。

mi-va-mi
23 Rue des Rosiers 75004 PARIS
TEL:01 42 71 53 72
map

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »