« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

カルボナーラ……くどいかしら?

Photo


 もう3回目のネタですかね? ちょっとくどいでしょうか?

 しかし、パリに行ったときの定番メニュー、上質のクリームと上質のベーコンで作るカルボナーラは絶品。今回写真もステキに撮れたのでアップしてみました。


 いつもはモノプリのBIOのタリアテッレを買っていたのですが、今回はフランプリで買ったので、違うメーカーのもの。シェフのおっちゃんの笑顔が印刷されたパッケージ。さすが陽気なラテン系イタリア。ベーコンは毎度おなじみのスモークベーコンの細かくカットされたもの。生クリームもスーパーで。使用するバターはプレジデント。卵とマッシュルームはマルシェで購入。卵は専門店で、カゴから選んでみたものです。……もちろん目利きができるわけじゃありませんが。マルシェって卵を2個ばっかり買っても平気だし、嫌な顔もされない良いところ♪

 マルシェでは卵はこんな感じで売られているし、キノコもキノコの専門店があります。

Photo_2


Photo_3


 で、出来上がった夕飯が〜、じゃじゃ〜ん。

2010


 ワイン、サラダ、パン、フロマージュがついて、もうおなかいっぱいです!
 美味しくってごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

Confitures[コンフィチュール]

Photo


 以前の記事で、エドニーのジャムを買って……というのを書いたけど、私、ふと思いました。買わなくても、作っちゃえば? と。


 考えてみれば私がよく行く6月頃って、ベリー類が豊富。ま、いつ行っても果物は豊富ですけどね。でも大好きないちご、フランボワーズなんかがどど〜んと売られていて、いちごに至っては店先の縁台に山盛りされて、グラム単位の量り売り。これをどさっと買って、自分でジャムにしてしまったら、完成度はとにかく、凄くいい想い出では?などと企んでしまいました。
 若干、荷物として重いのは気になりますが、ちょっと面白そうだと思います。ジャムの作り方勉強していってさ。

Photo_2


 ほれほれ、こんないちごちゃんを……。クツクツと砂糖で煮込んで…♪


 もうひとつ、気になったものがあります。
 マカロンの素。

Photo_3


 マカロン大好きですが、自分で作ろうとは思っていないんですよね。ちょっと面倒くさそうだから…。でも、こんなミックスがあったなら…! この一箱で12個分のマカロンが、卵白と牛乳を加えるだけでできてしまうそうな。今度は買ってきてみようかな?


人気ブログランキングへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

Mille-feuille[ミルフォイユ]

Photo

 お久しぶりです。
 忙しさにかまけて更新を怠っているこのブログですが、最近アクセス数が増えていたりして、こんなブログでも見に来てくれる人が多いんだな…とうれしく思っております。改めて、感謝いたします。

 「継続は力なり」

 ゆるゆるですが、続けていきますよ。よろしくです。


 さて、写真はミルフィーユ(右側はタルト・オ・フランボワーズですね)。パリのブーランジェリー(パン屋さん)には大抵ケーキも置いているのですが、このミルフィーユは必ずありますね。その店独自の味わいがあり、私も大好きなガトーです。以前3ヶ月居たときも、近所のブーランジェリーのミルフィーユが美味しすぎて、通い詰めたなぁ…。


 ところで「ミルフィーユ」フランス語ではMille(ミル)=1000 feuille(フォイユ)=葉っぱ なワケですが、フランスでズバリ「ミルフィーユ」と発音しても通じません。怪訝な顔をされて終わり(されたわけですが…)。勘のいい店員さんだと、「ア〜! ミルフォイユ!」とくみ取ってくださるんです。こういう恥ずかしい思いをして単語って覚えていくんですね。なので、以下、「ミルフォイユ」と書きます。


 7区のサン・ドミニク通りを叔母とお散歩中、休憩&おやつということで、イートインできるとあるブーランジェリーに入りました。そこで頼んだのが写真のミルフォイユ。だってショーウィンドウに美味しそうに飾られてた♪
 二人で1つ、2.90ユーロをシェアしてカフェ・オ・レといただく。これが思いがけず美味しくって!!

 カリカリのフィユタージュに濃厚なカスタードが挟まり、一番上のカラメリゼされたフィユタージュの香ばしいこと…。こんなぶらっと入ったお店のガトーがこうも美味しいから、パリはやめられない。

 レシートが残っていたので分かりました。お店の名前は「LE MOULIN DE LA VIERGE」。正確な番地は分からないのですが、サン・ドミニク通りの85番地あたり、黒いファサードのお店です。レトロな感じの内装でした。


 しかしこのブーランジェリー……。97年に母と二人で行ったときに滞在したアパルトマンはここじゃなかっただろうか…? 1階のブーランジェリーが早朝からいい匂いをまき散らしてうっとりしていたものだけど。お店は当時もっと古めかしくて、こんなモダンな感じはなかったのですが。


人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »