« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

懐かしの曲

 2006年に3ヶ月パリにいたとき、毎朝テレビから流れるミュージッククリップが気に入って、CDまで買って帰ってきました……という記事を書いたのが2007年。あれから早4年経つわけですが、いまだに時々聴いている曲で(どんだけ気に入ってるんだか)、今日は何だかやっぱりクリップで見てみたいという気持ちになり、YOUTUBEで検索してみた。

 しかしYOUTUBEって凄いですね。ありましたよ。フランス国内でしかかからないような曲のクリップが、地球の反対側の日本でも見られるって、すごいなぁ。しかし、困ったときのYOUTUBE、探せば何でもあるよね!


 というわけで、この記事で書いた曲たちのクリップを今更ながらご紹介。

「La petite fleur de vanille」

 かわゆい〜♪ でもやっぱり子ども向けだよね…!


 続いて……
「J'irai Chanter」

 30秒頃に出てくるのが優勝したクリストフ。
 34秒頃に出てくるのが一番のお気に入りだったシンディ。
 1分30秒頃に出てくるのがクリストフと最後まで競ったドミニク。

 すでにシンディが有力候補的な扱いなワケで、クリストフは扱い少ない…。

 よろしかったらお楽しみくださいませ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

La maison Kayser[メゾン・カイザー]

1

 パリの街でお金をかけず、おいしい物、かわいい物を見つけるためのアドレスを、わたし目線でまとめていこうと思いました。以前の記事に書いた物も、改めてこのカテゴリーに直していきたいと思っています。

 2002年にパリに行ったとき、いつも利用するアパルトマンの管理をしている宇藤さんから、「おいしいパン屋さんがあって、今人気ですよ」と教えてもらったのがカイザー。宇藤さんとはいつも行くたびにおいしい物の情報交換をしています。

 その時は15区のコメルス通りのお店を教えていただき、さっそくバゲットを買いにいって食べてみたところ、確かにおいしい!と思ったものです。それで私の中にこのお店の名前がインプットされたんですが、何年か後に、このカイザーが日本に進出しました。


2


 バゲット・モンジュというのが看板商品のバゲットで、パリで食べた味を思い起こしながら買い求めて食べてみたのですが、なんだか「……?」という印象でパッとせず。このがっかり度は結構なもので、パリのバゲットのあの味が日本でも食べられる!という期待を裏切られてしまったので、その後あえて買うことはなかったんです。

 でも世の中でカイザーのパンはもてはやされ、出店は続き、電車の乗り換えで必ず通る駅にある百貨店にも出店されたので、「あの時は何かの間違いだったのかも〜」と懲りずに再びバゲット・モンジュを買ってみた。でもやっぱり私にはハテナ?だったのですね。もう買わなくていいや、なお店になってしまった。

 そんな残念なイメージをお店にいただきつつ、今年パリに行ったときにたまたまカイザーの近くに行くことがあったので、パリの味はどうなんだろう?とバゲット・モンジュを買ってみたんです。そしたらこれが凄くおいしかったんですよね! 「あ、やっぱりパリのはおいしいんだ」と。

3

 今回行ったのはモンジュ通りにあるお店。カイザーの第1号店でバゲットの名前の由来になった通りにあります。時分どきでもあったし、お店の前には行列が。昔このお店の近くに滞在したときに何度か買いに来てたので、記憶を頼りに地図も見ず行ってみた。この日の夕飯はサーモンのソテー。胴体輪切り、ってのがフランスらしい。

 メゾン・カイザー、パリではぜひおすすめしたいブーランジェリーです。


La maison Kayser
モンジュ通りのお店●8 rue Monge , Paris 5e
オープン 6:45〜8:30(土日は6:30〜8:30)
火曜定休日
map

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

ヌガー

1


 ヌガーというと、昔チョコレートの中に入っていた、歯の裏にねっとりくっつく甘いお菓子……って言うイメージだったんで、凄く苦手で。チョコレートの詰め合わせの中からも、ヌガー入りは避けていたくらいです。大人になってから見かけるヌガー単体は、白くてナッツがたっぷり入ったもの、というもので、ナッツが苦手な私はやっぱり食指の伸びないお菓子でした。

 さて、パリをぶらぶらしていたとき、シェルシュ・ミディ通りだったかなぁ、セーブル・バビロン駅の近くだったという記憶なんですが、歩いていたら、お店のショーウィンドウにかわいいお菓子が♪

2


 商品名を見るとヌガーなんですね。こんなケーキみたいなプレゼンテーションで見せるヌガーを初めて見たんで驚いたんですが、そういえば、今回の旅で何度かこういうタイプのヌガー見かけたかも。見た目はかわいいけど、まあ、食指は伸びない…。ドライフルーツメインで、ナッツ控えめなのかな? 宝石みたいできれいです。ドライフルーツなら食べてもいいかも。でも甘そうだな〜。あ、でもやっぱり横のヤツはクルミがっつりだ! これは無理だな〜。

 ヌガーについて調べてみたら、私が今まで見たような板状に切ってある硬めヌガーに対して、こういうふんわりしたヌガーは「ヌガー・モンテリマール」というらしく、卵白を泡立てて加えるので柔らかいそう。

 でも、ま、見るだけでいいかなcatface

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »