« パスカル・ベイユヴェールのバター | トップページ | パリのポップ »

2010年7月31日 (土)

愛を誓う「芸術橋」

Photo


 ポン・デ・ザール(芸術橋)に行ったとき、橋の鉄柵には無数の南京錠が。2年前に来たときはなかったと思うんですが、やたらと金網に南京錠が取り付けられていました。なんだろう?と思って近づいてみると、南京錠には名前が書き込まれています。

 ははぁ…。二人の愛を永遠に誓う系ね。と思ったのだけど、それにしても美しくない。誰かがやり出して流行ったんだろうけど。

 調べてみたら、やはりここ1年ぐらいに始まった事らしく、やっぱり景観を損ねるとかで一度は撤去されたらしいんだけど、結局また増えつつあるみたいです。南京錠のカギは、外せないようにセーヌ川に投げ捨てるのだとか。う〜む。良くないなぁ。カギを失った南京錠、外すの大変だろうな!

 多分パリ市民より、ここに来た外国人旅行者の仕業の方が多いのでは? なにかの映画の影響だとか、とあるニュースに書いてあったけど。そうそう、この南京錠のことがこの間Yahoo!ニュースに出てたんですわ。

 とはいえ、確かに南京錠に愛を誓うってロマンチック。
 ロマンチックだけど、こんなところで誓っちゃいかんよね。
 ……ひがみかもしれないけど…!

|

« パスカル・ベイユヴェールのバター | トップページ | パリのポップ »

さんぽ」カテゴリの記事

コメント

うんうん。私もTVかネットで見たな〜。
鍵は川の中って、ほ〜なるほどね〜。
福井だったかなあ、縁結びの南京錠。
鍵は崖下山林に投げるシステムか!?
すごく気になるが、『片付ける仕事』
が出来てこの就職難にはいいかもよ。。

ひがみではない。この夏は是非
はじけちゃってください。

投稿: silverrose | 2010年7月31日 (土) 21時39分

silverrose様

そうかー、日本でもあるんだー。
そんなロマンチックなコトする相手がいないから
知らなかったなぁ〜(ひがみ)

私もはじけてみたいです。

投稿: sekimari | 2010年8月 2日 (月) 00時25分

確かイタリアにもあった。
NYにも。

別れちゃったらどうするんだろうねぇ。
南京錠の呪縛から逃れられない・・・

あぁ、怖い。

投稿: Michela | 2010年8月 2日 (月) 08時38分

Michela様


世界中の誰もが考えることなのだと…。
別れた後のことなんか、恋愛中は考えないのでは?

若いっていいなぁ。

投稿: sekimari | 2010年8月 7日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/35965394

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を誓う「芸術橋」:

« パスカル・ベイユヴェールのバター | トップページ | パリのポップ »