« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

愛を誓う「芸術橋」

Photo


 ポン・デ・ザール(芸術橋)に行ったとき、橋の鉄柵には無数の南京錠が。2年前に来たときはなかったと思うんですが、やたらと金網に南京錠が取り付けられていました。なんだろう?と思って近づいてみると、南京錠には名前が書き込まれています。

 ははぁ…。二人の愛を永遠に誓う系ね。と思ったのだけど、それにしても美しくない。誰かがやり出して流行ったんだろうけど。

 調べてみたら、やはりここ1年ぐらいに始まった事らしく、やっぱり景観を損ねるとかで一度は撤去されたらしいんだけど、結局また増えつつあるみたいです。南京錠のカギは、外せないようにセーヌ川に投げ捨てるのだとか。う〜む。良くないなぁ。カギを失った南京錠、外すの大変だろうな!

 多分パリ市民より、ここに来た外国人旅行者の仕業の方が多いのでは? なにかの映画の影響だとか、とあるニュースに書いてあったけど。そうそう、この南京錠のことがこの間Yahoo!ニュースに出てたんですわ。

 とはいえ、確かに南京錠に愛を誓うってロマンチック。
 ロマンチックだけど、こんなところで誓っちゃいかんよね。
 ……ひがみかもしれないけど…!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

パスカル・ベイユヴェールのバター

Photo


 今回パリに行くにあたり、おいしいモノはないかと調べた結果、雨宮塔子さんの本に「キャラメルの風味がするとてもおいしいバター」というのがあるのを知り、コレは絶対食べなくちゃ!とネットを検索しまくり。そのバターを売っているお店の名前が「パスカル・ベイユヴェール」。ブログや記事などの情報も少なく、日本ではまだあまり知られてないもよう。

 フランス語のホームページを見つけたら、市内に何店舗かあるようで、一番行きやすいところでアパルトマンの近くのサン・ポール駅近辺に一店舗あることがわかった。コレは行くべし!と住所を控えて準備OK!

 しかも、雨宮塔子さんによると、彼女はお土産にそのバターを日本まで持ち帰るとか。お店で真空パックにしてもらい、保冷バッグに詰めてスーツケースに放り込むのだとか。そんなこと出来るんだ!と、私も挑戦することにして、日本から保冷剤と保冷バッグを持参していきました。


 さて、パリについて翌日、さっそくサン・ポールに出かけてお店を探してみると、そのパスカル・ベイユヴェール、なんと前からひいきにしてたフロマージュリーでした!
 サン・ポールのアパルトマンに滞在したときに通っていたフロマージュリーで、初めてバターをフロマージュリーで買ったお店なのでした。以前、このブログで記事にもしてる。イナタイ味のバターとして絶賛してましたわ(笑)。この時この時。お店の名前を知らなかったからわからなかったよ。


 パスカル・ベイユヴェールのバターは手作りです。本当の手作り。機械ではなく人の手で作り上げたバター。きっと保存料みたいなモノは無添加。故に消費期限が約2週間と短い。丸くまとめられた約200グラムのバターが3ユーロ。笑っちゃうなー、安すぎて。パリにいる間に食べる分を買い、更に帰国日前にはお土産用に真空パックにしてもらって、日本まで持ち帰りました。溶けることもなく無事に到着。


 さっそく「コレが超おいしいフランスのバター!」って母や姉に食べさせてみたけど反応が薄くてがっかりしてたら、ひとり甥っ子だけが、「んっ! このバター、超うめぇ!!」ってゆってくれた。味のわかる男よ。将来を楽しみにしているよ。シェフかパティシエにでもなって、パリに留学しないかなぁ…なぞと考えている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

真空パッケージ

Photo


 パリで味わったあの味を、是非とも日本に持って帰りたい……と思うのは当たり前。本当においしくて、そして安いから。クッキーやマカロン、カヌレなどを持ち帰ったこともあるし、バゲットを持って帰ったこともある。そして今回はバターを是非持って帰ろうと企んだ。それはまた別の記事で。

 滞在したアパルトマンの近くにフロマージュリー(乳製品屋さん。主にチーズ)があったんですが、ある日通りかかるとこんな注意書きが。

 「ジ真空-パッケ」

 
 グフッ!!
 思わずパリの街角で吹きましたわ。

 いちおう日本語なんだけど、いったいどうしたらこんな文字順になるのか? 日本語が印刷できるということは、日本語を表示できるOSを持ってるということで、それならばある程度日本語がわかる人が作ったのでは?と思うけれど、どうやら違うらしい。

 それでも、日本人なら瞬間的にその意味がわかってしまうというのも凄いですね。日本人も多い街なのだから、誰か間違いを指摘してくれる人がいてもよかろうに。……私はしなかったけど。

 なんか懐かしのBOW!みたいな記事になりました。


 外国人のお土産用に、チーズなどを真空パッケージしてくれるフロマージュリーが増えているみたいです。良いことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »