« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月 3日 (土)

iDTGV

Photo_2


 6月にパリ行きを企画中♪ 仕事の合間を縫い、なんとか行けそうな感じです。でも今回はちょっと短めのスケジュール。いつもだと2週間ぐらい行くんですけどね、そうすると仕事がどうにも……。

 てなワケで、今色々と楽しくコーディネイトしているところですが、南フランスの方も行ってみようか?なんて案もあり、フランスの新幹線・TGV(テージェーヴェー)のサイトを調べてみたら、今「iDTGV(アイディーテージェーヴェー)」なる物があり、専用のサイトもあった。

 なんだ、それ? なんか最新ゴージャスTGVみたいなもの? と思ってみたのだが、何だかよくワカラナイので、パリの友だちに聞いてみたら「インターネットのみの販売のチケットで割安のもの! e-チケットみたいなもん」だと。確かに安いんですよね。マルセイユまで約3時間なんだけど、日本でいったら東京ー大阪ぐらいなもんですよね? それが今の時点で(後ほど説明)32ユーロ、今日のレートが127円だから約4,000円。しかもこれは2等車の値段で、1等車にアップグレードするにはたった10ユーロでいい。やっす〜い!

 で、このiDTGVを詳しく調べてみると、普通のTGVの先頭に4車両ほどくっつける形で存在し、2両ずつ「ZEN」と「ZAP」の2カテゴリーに分けられていて、「ZEN」はすごく静かに旅行したい人向けで携帯電話禁止、騒がしくしてはいけないエリア。「ZAP」は楽しくにぎやかに旅行したい人向けで、トランプの貸出なんかあって2ユーロとか。ワゴン販売もあり。そのどちらを選ぶか予約時に選択しなくちゃいけないんですね。

 へぇ〜、ほぉ〜、と面白くなりました。フランスの国鉄は、チケットを早く買えば買うほど料金が安くなります。安い席は限定数があるけれど、とにかく安くなる。払い戻し不可とか変更不可とか、そういう付加要素は付いてくるものの、日本にはないこのシステム、うらやましいもんです。

 画像と本文は関係ございません…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Galette des rois ーガレット・デ・ロワー

Photo


 ガレット・デ・ロワも、だいぶ日本でもメジャーなお菓子になってきましたよね。以前から食べてみたかったのだけど、なかなかその機会に恵まれず、今年のお正月に初めてデパ地下で買って食べることが出来ました。

 で、どんな味かな〜っと楽しみにしていたんですが、思った通りおいしくて、コレはまた食べたい!と思うものでした。しかしこのガレット・デ・ロワ、フランスでは1月の公現節だけに食べられるものなので、1年を通してこの時期しか売られていません。日本でも売られているのは1月10日頃までかなぁ。ということは来年までこれが食べられない→それはつまらない→自分で作ってみる? とまあ、そんな気持ちになり、ネットでレシピを探したら、案外と簡単なんですねぇ。

 面倒くさいからパイ生地は冷凍のを使い、中のアーモンドクリームをちょっと頑張って作れば、自分でそこそこのものが出来ます。ガレット・デ・ロワの特徴でもある表面の模様も、やってみれば楽しく簡単で、焼き上がりもプロっぽくね〜?と一人悦にいるのであります。これが家族に大好評。上の写真も私が作った物です。

 もうちょっと本物のガレット・デ・ロワを食べてみないと、私の作ってる物が本物に近いのか、判断しづらいのですが、こればっかりはねぇ、1年に1週間ちょっとしか売られていない物だからねぇ…。

 私のガレット・デ・ロワのレシピ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Chambre

1


 超・ごぶさた。

 このご無沙汰の間に、引っ越しなどをしました。引っ越し先の家はリフォームが必要だったので、自分の部屋はなんとかパリ風にしたいと思い、なんと壁を薄い紫系のピンクに塗りました。
 どこがパリ風なの?と聞かれると答えられないが(笑)、自分の中ではパリジェンヌの部屋の色のイメージ。ここに黒を差し色に家具を足していけば…とね。ベッドのフレームは黒だし、黒のポールスタンドも取り入れたりして、ちょっとそれっぽくなったかな。

 で、部屋を少しずつデコレーションしているのですが、一昨年パリに行った時に買った、写真なんかをディスプレイするカラフルなコードがありまして、前の家では使ってなかったんだけど、ここに来て引っ張り出してみました。

 2メートルのビビッドカラーのワイヤーには、中に鉄線が仕込んであり、付属のマグネットでワイヤーに写真を留める仕組み。ワイヤーは天井あたりから垂らす。
 で、写真のような感じに。

2

 このブログでも紹介した、お気に入りの写真達をプリントアウトして飾ってみました。ようやく部屋がにぎやかになってきた。それもパリの想い出で…。パリを想い出してうれしいやら、また行きたくてせつないやら……。なんなのだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »