« パリの防犯設備 | トップページ | エッフェル塔のスパークリング »

2009年9月24日 (木)

ルーヴル美術館の地下

Photo


 世に名高いルーヴル美術館。私もパリに行くたびに訪れるスポットです。日本の美術館と違って、人が多くても絵を見るのに行列ができないのが不思議である。これはどの美術館にも言えることなんですけど、しずしず行列にそって絵を鑑賞するという具合にはならないんです。そこが好き。唯一思うに任せないのは「モナ・リザ」ですが、まあ、アレは別格でしょうがないでしょう。
 ソファーとかもあちこちにおいてあるから、大好きな「ナポレオンの戴冠式」絵の前に座って、ぼぉ〜っと時間を過ごすのが毎度のことです。

 そんなルーヴル美術館ですが、入り口は有名なガラスのピラミッドとは別に、もうひとつ地下ショッピングセンターにつながる入り口があります。観光客で混むときは、ピラミッド側はうんざりするような列ができますが、地下の入り口は案外と空いていて便利。私はいつもこっちから入場します。

 で、そのショッピングセンター「カルーゼル・デュ・ルーヴル」がお気に入りの場所。大好きなブランド、ESPRIT(エスプリ)のショップもあるし、レゾナンスという健康雑貨・入浴雑貨・食品雑貨など(すべてオシャレ)が取りそろえられたお店がありまして、ここをじっくり見るのも好きです。その他にも色々お店があり、アクセサリーのAGATHA(アガタ)とか、時計のSWATCH(スウォッチ)、ヴァージンメガストア、ロクシタンもあり、色々時間をつぶせます。最近、メゾン・デュ・ショコラも出来たみたいですね♪

 写真はそのESPRITのショップ。パリ市内のあちこちにお店があるけれど、各お店によって置いている商品にそれぞれ特色があり、このルーヴル店ではカバンが充実していますね。お洋服も買うけど、カバンも何度か買ったことがあります。常に衝動買い。私はもう何着持っているんだ?というほどESPRITが好きなんですけど、日本にはお店がなく大変残念でございます。

 このショッピングセンターに行くには、メトロのパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅で降りると自然にたどり着くようになっているし、もちろん美術館からもつながっています。地上の入り口はちょっとわかりづらいんで、詳しく書きませんが、リヴォリ通り沿いにあります。

 そしてここには映画「ダ・ヴィンチ・コード」のラストシーンに登場する逆さピラミッドもありますよ。

|

« パリの防犯設備 | トップページ | エッフェル塔のスパークリング »

パリ・お買い物」カテゴリの記事

コメント

ルーブル美術館でのんびり絵を観る。
って最高の贅沢だね。
今の生活からは考えつかないなあ。

美術館ってすごく混んでいてゆっくり
観れない事って多いよねえ。。

ルーブル。絶対行こうとおもいます!!
入浴雑貨も興味ありありです。

投稿: silverrose | 2009年9月25日 (金) 22時09分

silverrose様

silverroseさん、もうパリ行き決定ですね!
多分ルーヴルとかオルセーって広いから
人が行列にならないんでしょうね。

ぜひ行ってください!

投稿: sekimari | 2009年9月26日 (土) 00時52分

確かに、行列を気にしてよく見ることができないのは悲しいです。チケット購入で並び、入場で並び・・・
座ってゆっくり観たい絵もあるものね。
うらやましいです。

投稿: Michela | 2009年9月28日 (月) 08時05分

Michela様

なんでかなぁ、ヨーロッパの美術館はストレスなく見られるんですよ。
チケット買うのはやっぱり待ったりするけれども、
中にはいるとノンストレス。
広いからなのでしょうか。
日本でも行きたい美術展はあるけれど、
あの混雑で見るかと思うと腰が引ける私です。

投稿: sekimari | 2009年9月29日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/31503967

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル美術館の地下:

« パリの防犯設備 | トップページ | エッフェル塔のスパークリング »