« Bon Jour... | トップページ | パリの防犯設備 »

2009年8月19日 (水)

「パリごはん」

Photo


 先日本屋で見かけて購入したエッセイ本、「パリごはん」。著者は元TBSアナウンサーの雨宮塔子さん。彼女の本はすでに2冊持っていて、最初の本「金曜日のパリ」は私をパリ留学に激しく突き動かしたものだ。あの本を読んで留学に憧れ、夢を抱いたものです。

 今回はパリに住む彼女の食の記録といったような、食に焦点を当てたエッセイで、こどもや旦那さん、友人を通して繰り広げられる数々のメニューがとてもおいしそうです。彼女も料理上手だし、周りの人たちも同じく食いしん坊の料理上手。面倒くさがりな私からしてみればそんな物も作るんだ!的なオドロキに満ちています。ただ、残念なのが彼女はアジアンフード好きなのに対して、私はベトナム料理が苦手なので、ベトナム料理をおいしそうに紹介してくれることが多いけど、私には魅力を感じないことです。あとはレシピまで簡単に載せてくれているけど、それ、パリじゃなきゃ手に入らないでしょ!というものがあることかな。残念。

 ところでこの本、読んでみたら幻冬舎のウェブマガジンで連載されていたものを本にまとめたもののようで、さっそくそのサイトに行ってみたら、本に載っているまんまがそこにありました。「買わなくてよかったんじゃね?」という思いが胸をよぎるほど、写真も文章もそのまま本にしただけ。それちょっとオソマツでしょ…。本にするなら本でだけでしか読めないプラスアルファをつけるべきだろう!と、編集者魂が叫ぶのでありました。

 よろしかったら、「パリごはん」お読みあれ。

|

« Bon Jour... | トップページ | パリの防犯設備 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

確かにね。
本にするなら、少しアレンジレシピにするとかね、して欲しいよね。ちょっと残念。
 留学したくなっちゃう本、興味深いです。

投稿: Michela | 2009年8月19日 (水) 08時27分

Michela様

「そんな留学、私もしてみたいなぁ…」と思わせるものでした。smile
もう一冊、加藤紀子さんの書いた留学エッセイもその気になった。
のせられやすいのかしら〜?

投稿: sekimari | 2009年8月19日 (水) 21時54分

その本チラッと立ち読みした事が
あります〜。
羨ましいな〜と。
そのままサイトで見れちゃうんですね〜?
こんど見てみますよ。
本の編集のお仕事なんですか〜。
すごくやりがいありそうですね!

投稿: silverrose | 2009年8月23日 (日) 21時43分

silverrose様

そうですね、そのまま読めちゃいます。
本を買う必要はございませんでした。
今は懐かしくなって、「金曜日のパリ」を再読中。
パリに行きたくなっちゃうなぁ…despair

投稿: sekimari | 2009年8月27日 (木) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/31013802

この記事へのトラックバック一覧です: 「パリごはん」:

« Bon Jour... | トップページ | パリの防犯設備 »