« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

マルシェの野菜たち

Photo


 マルシェで野菜を買うことがほとんどない私ですが(なぜなら、買う量が少量なのでスーパーの方が買いやすい。対面では何となく気恥ずかしく、買えなかったりする)、ほうれん草だけはよくマルシェで買っていた。

 フランスでのほうれん草の売られ方はこうである(写真上)。日本式のように、かぶごと売られていたりはしません! むしろそのかぶの根っこを切り取った茎から葉までをざっくり売っています。そしてまたその葉っぱの横幅が広い。本当にほうれん草なのか?と疑いたくなるほど肉厚で、大きな葉っぱなのであります。これを、適当に「これぐらい」と手で大きさを示すも、八百屋のおやじはごっそりと相当な量を袋に詰めてしまうのでありました。食べきれるのか?というような量の葉っぱを、毎日湯がいてソテーしていただいてましたけどね。この葉っぱにまたこれがけっこう泥汚れがついていて、洗い落とすのも一苦労なワケです。はっきり言って、めんどうくさい。でも味はやっぱりほうれん草なので、愛食しておりました♪


Photo_2

 ポロネギ。日本の長ネギとはちょっと違い、大仁田ネギなんかに近いんでしょうか? 買ったことないんだけど、柔らかそうで、クリームとかで煮込んでもおいしそうですよね(あ、その手があったか…!)白い茎の部分が短くて、甘みもありそうな感じです。今度はチャレンジしてみたい。なかなかフォトジェニックな野菜です。


Photo_3

 ニンジンさん。たいてい、葉も切り落とされることなく売られています。フランス人も葉の部分を食べるんでしょうか? 先日、珍しくニンジンが葉付で売られていたので買ってみて、葉っぱの部分を甘辛炒めにしたけれど、固くて青くてとても食べられなかった……。
 ニンジンは日本のものより小振りでした。これでキャロット・ラペなるニンジンサラダを作ったらうまかろう…と思うのですが、ニンジンをスライスする道具がないので、いつも断念しています。


Photo_4

 ラディッシュさん。きれいな色ですね。カリッとやったらピリッとおいしいことでしょう。と思うだけで、なぜいつも買わないのであろう? サラダに入れたらよかろうに。

 おいしいものをパリでは食べているつもりなのに、こうやって写真に撮るばかりで味わっていないものがたくさんあることに気づきました。一人暮らしじゃなければ…というところでもあるのですが、旅に出ると小食なもので、まとまった量の野菜は食べきれないと思ってしまうんでしょうね。腐らすのももったいないですし。でも次回行くことがあれば…と闘志を燃やすのであった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

サラダの葉っぱ

Photo

 フランスの人はサラダをよく食べるなぁと思うのです。食事の付け合わせにもどどーんと葉っぱが付いてたりしますからね。食事のメニューに特別サラダを加えなくても、葉っぱがどどーん。多分ちゃんとしたレストランになると違うと思うんですけど、カフェやビストロのメニューではそんな感じです。

 で、スーパーに行くとそのようなサラダ用の葉っぱが袋詰めにして売られています。私のような旅行者にはありがたいアイテム。もちろん玉で葉野菜は売ってますけど、量が多くなるし袋詰めのは何種類かの葉っぱが混ざっていて便利。彩りもきれいだったりして、見栄えもよし。写真のはスーパーのモノプリブランドで何種類かのミックスですが一袋1.75ユーロでした。葉っぱの種類が1種類だと更に安くなります。

 たった一袋ですが、これが盛りつけてみるとかさ高で何日も持ったりします。持ちすぎると今度は鮮度がやばくなってくるんですけどね…。この葉っぱにフレンチドレッシングを絡めて…と行きたいところですが、ビネガーがないので日本から持ち込んだハーブソルトを振りかけ、オリーブオイルをたらして食べました。それで充分おいしいのですが…。

 それにしても、サラダ用の葉っぱの種類が日本とは随分違うものです。レタスなら日本にも多いけど、もっとちぢれた感じの葉っぱが多いんですよね。こんな風なミックスが日本のスーパーにも売っていたらなぁ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

JEAN-PAUL HEVIN【ジャン・ポール・エヴァン】

1

 このブログでも何回か熱く語ったジャン・ポール・エヴァン。日本でもそこそこ知名度が上がってきているショコラティエではないでしょうか。パリ滞在時には何度か訪れるお店です。
 こちらは観光客も少ないエコール・ミリテール店。サントノレ店のようにイートインはできません。店員さんはサンパです。日本人の店員さんも必ずいるような気がする。


2

 ジャン・ポール・エヴァンのマカロンは必ずチョコレートにちなんだものばかり。10種類ぐらいあるけれど、見た目はみんな茶色で、ラデュレやピエール・エルメのようなきれいなマカロンはありません。その分、さすがにチョコレートのバリエーションはありますよ! 私が好きなのは、チョコとベリー類とのマッチング。……おいしいんだなぁ。マカロンを食べているんだけど、チョコレートを食べた感もしっかりあります。さすが。

3

 そして帰国の際の自分用お土産に買うマカロンの詰め合わせがこれ。缶に10個ぐらいのマカロンを詰めたもの。スーツケースの中でも割れずに安心。帰国後は冷蔵庫に収めて1日1個のちびり食い。パリの想い出を胸に……。この間は知人へのお土産にこれを買って帰りました。その人もこれは今まで食べた中で一番うまい、と感激されていました。そうでしょう、そうでしょう。

 日本のジャン・ポール・エヴァンでもマカロンは買えるようですね。1個210円。そんなものでしょうね。もし機会があれば一度食してみて欲しいものです。パリのと味が同じかはしらないけれど…。

4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »