« カヌレ | トップページ | JEAN-PAUL HEVIN【ジャン・ポール・エヴァン】 »

2009年2月25日 (水)

カフェの会計

Photo


 パリの旅でカフェは欠かせないもの。ちょっとお茶を…、おトイレ借りに…、ビールをぐびっと…と、シーンを問いません。

 そんなカフェでのお支払い方法は、1.注文したものが来たときすぐに。2.飲食後ギャルソンを呼んで。3.テーブルの上に必要な金額を置いて何もいわず立ち去る。と3パターン。どれが一番スマートなんでしょうね? ちなみにフランスの飲食店はテーブル払いが一般的です。

 1だと帰りのタイミングが思いのまま、っていうのが魅力。普通は帰り際に払うという考え方ですけど、2なんかの方法だとギャルソンが忙しい場合、呼んでもなかなか来てくれないことや、呼ぶことすらままならないっていうことがあり、時間のないときは焦ることになります。しかもようやくつかまえてお金を渡しても、おつりを持ってくるのにまたひと時間かかったりもする。それを考えると1が一番スマートなのかなぁ。

 3は私もギャルソンがつかまらないと時々やるけれど、おつりなくお金を用意できないといけないのが前提。あと、なんだか無銭飲食っぽく見えてしまうような気がして、ちょっと気が引けるというのもあるなぁ(と思っているのは私だけかも…)。

 お支払いが終わると、たいていのギャルソンはレシートにピリッと破り目を入れます。これが支払い済みのマークになります。写真の左上、プラスチックの小さなお皿がお金入れ。ちゃんとお札が風で飛ばないように札ばさみもついています。レシートをこのお皿に挟んでギャルソンが持ってくるので、ここにお金を入れておきます。この時はいつでも通りがかりに会計してもらえるようにあらかじめお金を挟んで置いておきました。飲んだのはカフェ・ノワゼット♪ スマートでオシャレなお会計の仕方を、私も早く覚えたいなぁ。それには要観察ですね。

|

« カヌレ | トップページ | JEAN-PAUL HEVIN【ジャン・ポール・エヴァン】 »

パリ生活」カテゴリの記事

コメント

良い写真ですね。
日本だと後払いがほとんどだから、
私は前払いだとアタフタしちゃうな〜。
テーブルに置いとくのが理想だけど
同感。「ここに置いたわよ。」と
アプローチして去らないと、何故か
不安だよね〜。わかる。わかる。

投稿: silverrose | 2009年2月25日 (水) 22時24分

silverrose様

わかりますっ?
ちゃんとお金置いてるんだけど、
他の人から無銭飲食に見えないか?とか、
ギャルソンが驚かないか?とか
ついつい気になっちゃう小心者ですcatface

投稿: sekimari | 2009年2月26日 (木) 00時08分

おいしそう!
ノワゼット とは? 黒いゼット?
外の席でおしゃれに時を過ごす・・・
すてきですね。
確かに支払いはスマートにしたい。
混雑時は時間がかかる。急いでいるのに・・・っていらいらしちゃったり。
 イタリアで、オーダーも取りにこれないくらい忙しかったらしく、ようやく来てくれたウエイターにオーダーした後、
 今払ってもよい?
って聞いたら
 もちろん!
と答えてくれました。安心して時間を過ごせたのですが、帰るときとっても不安でした。いつ背後から
 まて!
って声がかかるか・・・。
やっぱり慣れが必要ですかね?

投稿: Michela | 2009年2月26日 (木) 08時14分

Michela様

ノワゼット=ヘーゼルナッツ
といってもヘーゼルナッツフレイバーのコーヒーではなく
エスプレッソにミルクをひとたらししたものです。
多分色が茶色になってヘーゼルナッツ色だから?

お金の置き去りをビビる事なくできたら、
それがスマートなのかも〜

投稿: sekimari | 2009年2月26日 (木) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/28363435

この記事へのトラックバック一覧です: カフェの会計:

« カヌレ | トップページ | JEAN-PAUL HEVIN【ジャン・ポール・エヴァン】 »