« Café des 2 Moulins[アメリのカフェ] | トップページ | 教会のイス »

2008年11月 9日 (日)

犬の……

Photo


 パリに行き始めた頃…もう10年以上前にはなるかなぁ、街を歩くときには犬のフンを踏まないようにすることが大変でした。そこら中に落ちていまして、うっかり踏んでしまう危険性は大だったのです。もちろん社会問題にもなったんでしょうね、世界に名だたる観光で名をはせる花の街が、道ばたフンだらけ、なんてねぇ。でも、当時通った語学学校の先生が教えてくれたのが、パリジャンやパリジェンヌは「高い税金払ってるんだから、税金で掃除してよね!」っていう考えなのだと言うこと。いやぁ、しかしそれは…。

 むかしむかし、それこそ中世からルイ王朝までは、道を歩けば上から糞尿が降ってきたと言いますから、(もちろん、「落とすわよ!」なんて声はかけたそうですが…)、不衛生な街としては昔から有名だったようですね。その名残なんでしょうか?

 ところが、近年、ずいぶんと犬のフンを見かけなくなりまして、飼い主の意識が変わったもんだと喜んでおりました。そしてこの写真の看板。

「私は自分の住む街を愛しています。だから私は拾います。——県保健課のこの規則に違反すると罰金として450ユーロが課せられます——」

 訳すとね、多分こんなこと。なんか看板がかわいくってね。むろん、飼い主の義務ですけどね。

|

« Café des 2 Moulins[アメリのカフェ] | トップページ | 教会のイス »

さんぽ」カテゴリの記事

コメント

うん。うん。聞いた事あるよ。
うんちいっぱいってさ。
清掃車がきれいにしてるって思ってた。
でも飼い主が片付けなきゃね。
かわいい看板あるんですねえ。

投稿: silverrose | 2008年11月11日 (火) 22時23分

silverrose様

今リヨンに留学している人の情報では、
うんちもたばこの吸い殻もひどく落ちていると…。
相当汚いらしいっす。
きれいになったのはパリだけなのかしら??

投稿: sekimari | 2008年11月12日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/25179977

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の……:

« Café des 2 Moulins[アメリのカフェ] | トップページ | 教会のイス »