« 石造りの街 | トップページ | ワイン倉——ボルドー »

2008年8月24日 (日)

旅の友

Photo


 生まれて初めての海外旅行を団体旅行で行き、二度と団体旅行はすまいと誓った私。とことん性分に合わないと思いました。けれど個人旅行に必要なのは語学力。一人で旅行に行くためには…と英会話を習い、ただただ地元の人とコミュニケーションしたくて習い始めたフランス語。
 今では立派に(?)一人旅オーケーな自分になりました。ちまたでは「女が海外へ一人旅できるようになったらおしまい」などとささやかれていますが、私的には自立した女性として自信を持っています。
 あ、おしまい、っていうのは多分、「結婚できずにハイミス」って意味だと思っておりますが、そこは当たってるかも…。あれですね、「女の一人暮らしがペットを飼ったらおしまい」とかと同列。


 まま、そんなことはさておいて、そんな私にもパリへ一緒に行く人がおりまして、パリ旅行の約半分は彼らと行っているのかも。一人はこのブログにもたびたび登場する大好きな叔母様。血のつながりのない叔母ですが娘のようにかわいがってくださり、何でですか、とことん気が合いまして、パリも弥次喜多道中記的な旅を続けてまいりました。

 そして今一人、パリ友だちがおりまして、通称・姫。年下ですが、かわいらしくやさしく、安心して一緒に旅行できる彼女。
 初めて一緒にパリに行った時は、知り合いの牧師様から「今度パリに行くんだよね? 一緒に連れていって欲しい子がいるんだけど」と紹介されたのがきっかけ。旅行前に1度だけ会い、あとはもう一緒に行って一緒に暮らすだけという、結構大胆なおつきあいの始まりでしたが、牧師様が変な人を紹介するはずがないという不思議な根拠で旅行をOKしたんです。
 案の定、とてもつきあいやすいしっかりしたお嬢さんで、この旅も難なくクリアー。以後、彼女とは合計3回のパリ旅をしました。そのうちの1回は叔母も一緒。この3人旅の時は楽しかったなぁ……。(あえて)ギャル3人のおしゃべりは、夕食後のテラスでも、更にそのあとの夜のお散歩でも延々と続くのでありました。

 一人旅は本当に気ままなもので、行きたい時に行きたいところに行き、食べたい時に食べたいものを食べるという、私の性格にはベリーマッチなスタイルだけど、気の合う友だちと一緒っていうのも、またひと味違う旅の楽しみ。ええ、そうです。あの、むりくり土産物屋に連れて行かれたり、集合時間守らない人がいたりとか、日に日に早くなる朝の集合時間とか、縛りごとだらけの団体旅行がいやなので、個人旅行なら道連れがいるのも好きなんです。

 そんな姫から先ほど連絡が。「主人の転勤でNYに行くことになりました」 !!!なぬ〜っ! それはちょっと寂しいじゃありませんか。もう一緒にパリに行けないの? はやくNYから帰ってきてね。まずはその前に送別会をしなくちゃね。

|

« 石造りの街 | トップページ | ワイン倉——ボルドー »

パリ生活」カテゴリの記事

コメント

もしかして左側の方ですか?
(あたりまえか。。。)
かわいいですね〜。
やはり一人は慣れないと怖いよね。
わたしももしいくなら気の合う人と
二人位がいいなあ。
お友達がNYですか?わたしの周りには
そうゆうかっこいい人達はないなあ〜。
そして 語学力これが問題だね。。

投稿: silverrose | 2008年8月24日 (日) 15時52分

silverrose様

そうですね、語学力は大事な問題。
意外とトラブルって起こるものですから、
そんな時にはある程度しゃべれないと解決しにくい。
「フランス人は意地悪に英語でしゃべってくれない」
とか言うけれど、アレは違いますね。
そんな意地悪されたことない。
日本人同様、英語は外国語なワケで、しゃべれないって人も多いけど。
けれど、世界中からの観光客で食べてるフランス人店員が、
しゃべれないわけがないでしょう。
ただ、フランス語で話しかけると好印象なのは事実です。
silverroseさんもどうですか? フランス語やりません?

投稿: sekimari | 2008年8月25日 (月) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/23210892

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の友:

« 石造りの街 | トップページ | ワイン倉——ボルドー »