« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日)

アパルトマン

Photo

 パリに何度訪れたか? 数えるとたぶん10回ぐらいと思われます。初めてのパリ体験は人生初の海外旅行でパックツアー。3カ国周遊の最後に立ち寄って1泊2日。ホテルはモンパルナス近くのアメリカンスタイルのホテル。市内をバスで連れ回され、たった半日の自由時間にはベルサイユを観光し、気がついたら美術館ひとつ行けてない。こりゃなんじゃ?と疑問に思う。結果、団体旅行は金輪際イヤ!という結論に。

 2度目は友人と個人旅行。彼女が見つけた旅行者用のアパルトマンを借りた。高層ビル街の高層マンションでした。自炊で快適。これが私のパリスタイルを決定づけました。以後、パリでホテルに泊まったことはない。

 私が使うアパルトマンを紹介する会社は2社。A社は個人向きのステュディオ中心で、お手頃のお値段だが、設備がちょっと汚かったりする。食器とか調理道具とかね。男性経営のところだからそういうところには気が回らないのかも。でもインターネット完備率は良い。

 B社は女性経営によるもので、彼女の美的センスが認める部屋しか扱わない。ミュージシャンやアーティストが多く、アパルトマンは豪華で清潔。テラスがついていた日にゃ、ごはんはテラスで!なんて気持ちのいいこともできます。写真がそれなんですけど…。部屋数もあるので、連れがいるときに利用すると部屋代折半で逆に安上がり。どちらもそれなりの利点があります。

 他にもアパルトマンホテルというスタイルのものがあるんですが、これはホテルの部屋にキッチンがついたようなもので、お掃除もしてくれるのかな? 高いので、利用したことはありません。

 アパルトマン暮らしはなんと言っても自炊できる利点がある。レストランで毎晩食事、っていうのもお金がかかるし、胃も疲れます。でも自炊なら買い物の楽しみ、食べたいものを食べたい時間に食べられる自由度、しかも安上がりという三重楽。一回行くと2週間という割と長い滞在になるからアパルトマンを利用できるんですけどね。たいてい1週間から借りることができますから、5日ぐらいの滞在だと無理かもしれません。

 うたい文句の「暮らす気分で…」という、まさにその通りの旅になります。まぁ、色々面倒くさいこともあるのですが(掃除は自分で、最後にシーツ類をクリーニング屋に出さなければいけないとか…)、今更ホテルに泊まる気にはなりませんなぁ。

 次はどこの部屋に泊まろうかなぁ〜なんて考えてる時がとてもシアワセ♪

パリの小さなアパルトマン パリの小さなアパルトマン

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

Pont Neuf[ポン・ヌフ]

Photo


 セーヌ川にはたくさんの橋が架かっていて、それらを楽しむなら、バトー・ムーシュのようなセーヌ川遊覧船で、いくつもの橋の下をくぐる観光がいいと思うのだけれど。

 私はそれらの橋を渡って楽しむのが好きです。実は橋フェチ。お気に入りはポン・デ・ザール。車の通らない板張りの橋で、橋の真ん中にはいくつかのベンチまで置かれている。鉄と木で作られた華奢な(石造りの他の橋に比べたらね…)この橋は、なんだか風通しも良くて、実に気持ちいい。

 このベンチに座って、ボーッと、ただボーッとセーヌ川ごしにポン・ヌフを眺めるのが好きなんです。ポン・ヌフはパリで一番古い橋。実はこのポン・ヌフが一番のお気に入りの橋でして、その眺めを楽しむためにポン・デ・ザールに行くのです。

 pont(橋)・neuf(新しい)。できた当時は橋の両側に家が張り出ているようなスタイルのものだったそうで。パリの繁華街、社交場のようなにぎやかな場所だったのだとか。その当時を描写したくだりが、私のパリ・バイブルともいえる『アンジェリク』という小説にある。その活気が、またたく間に私をパリの虜にしたわけで。現在も残る橋の真ん中にあるアンリ2世の像の下で、大マチューが歯医者のデモンストレーションをする…小説の中にあるそのシーンを想像しながらポン・ヌフを歩いて、アンジェリクが手伝った花屋がここにあったかな?とかなんとか、ひとり小説の世界に浸るしあわせ。ひぃ〜、オタク! あ、有名な映画の方は見ていないんですけどね…。『ポンヌフの恋人』? それはまたいつか…。

 橋の真ん中の突き出た部分からは階段を通って下の公園に行けまして、そこでまったり…というのも乙なモンです。木が茂って木陰がたっぷり。または川縁で日光浴。人が多いけどね…。数年前にお化粧直ししてどす黒かった橋が真っ白できれいな橋に変身。ホントにきれいだね。

 ポン・ヌフとセットで楽しんでいたのが、橋のたもとにあったデパート「サマリテーヌ」。家庭用品のかわいいものとかがあって、とっても好きなデパートだったんですけど、改装とかでもう何年も閉まったまま。ここ2年パリに行ってないけど、どうなったでしょうか? ホント、フランスって“改装中”で何年も閉まっちゃう凄いところだよなぁ。物事のタームが長い。オランジェリー美術館とか、何年待ったことか。


 ヨーロッパ独特の低くたれ込める雲。その重量感と石造りの橋の重量感、歴史の重量感。うぁー、パリに来たなぁ〜……と感じさせる眺めなのです。

サーモン自家製燻製500g レストランポンヌフの自家製スモークサーモン サーモン自家製燻製500g レストランポンヌフの自家製スモークサーモン

販売元:JSHOP 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

croque-monsieur[クロックムッシュ]

Photo


 パリのカフェで、ランチにちょっと食べたくなるのがクロックムッシュ。フランス風・ハムとチーズにベシャメルソースをプラスしたホットサンドです。更に卵焼きをプラスしたのがcroque-madame(クロックマダム)と呼ばれます。

 シンプルな料理ですが、それだけにお店ごとの個性も結構見られます。パリで一番最初に食べたときのがたぶん私の中では原体験となっていて、その後のクロックムッシュ評価の基準となっているようです。それはもう店の名前も場所も定かではないのですが、確かオルセー美術館の近くのカフェでした。

 それはぱりっと焼かれたパンが香ばしく、ハムとチーズとベシャメルソースのハーモニーがたまらんっ!ってイメージです。


 パンにチーズだから料理自体の色味は地味で、飾り気がないと見た目がとってもそそらないものになるのですが、16区のビクトル・ユーゴー大通りにある「Carton(カルトン)」というブーランジェリーのクロックムッシュが凄かった。それが上の写真です。

 なんたって一緒に盛られた生野菜が半端じゃない。お皿から大胆にはみ出してるよ…。サラダに比べてクロックマダムの小ささが分かりますか? でもこれがフレンチドレッシングがかかっていて、おいしくてモリモリ食べられちゃうんです。緑の葉っぱが大好きな私は、もちろん完食。ちらりと見えているニンジンのサラダ、「キャロットラペ」は、ニンジンの甘さが際だつ、私のお気に入りサラダです。パリではよく付け合わせに出てくるし、スーパーでもパック売りしていて私もよく…いや、毎日食べていたんですが、日本でも簡単に作れますのでお試しを。

 ニンジンをおろし器で細〜くカットします。オリーブオイル+ビネガー+塩だけのシンプルなフレンチドレッシングを作って全体にかけ回し、混ぜる。わ〜ん、たったこれだけ! なのになのにニンジンの甘さがビックリするほど出て、食べ飽きないサラダになるのです。しばらくこの存在を忘れてた…! さっそく明日作ろうっと♪


 で、このカルトンには何度かおじゃまして(カフェ付きのブーランジェリーです。数種類のスイーツを串刺しにしたものがこのお店のスペシャリテ)、クロックムッシュをいただきました。また行きたい。夏場は冷えた白ワインと食べたい♪


 日本でもクロックムッシュって見かけますけど、私の中ではあれらは論外で、触手も伸びません。まてよ、PAULのクロックムッシュはどうだったかな??  おいしかったっけ? う〜ん、覚えていない…。ダメじゃん……。



ホワイトクロックムッシュトレー 食器 ホワイトクロックムッシュトレー 食器


販売元:SARA-CERA 楽天市場店

楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

L'Église[ 教 会 ]

1_2


 パリの街歩きで、休憩所代わりに使ってしまうのが、街の至る所にある教会。最初の頃は信者でもないのに入っていいのかなぁ? などと思いながら、ドキドキして扉を開けたものです。もちろん、来るもの拒まずなパリの教会は、信者でなくても入れます。

 ノートルダム寺院、サクレクール寺院、マドレーヌ寺院、サン・ジェルマン・デ・プレ教会、そして映画『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるサン・シュルピュス教会。観光地として有名なところは観光客も多く、名建築・名画を含めて見所満載。ステンドグラスや宗教画をゆっくり楽しんだあとは、信徒席に座って休憩…なのです。

 これが、とっても憩いの時間になります。ただボーッと、祭壇を見つめて考え事をしたり、あるいは何も考えなかったり。またたく間に時間が過ぎていく感じです。落ち着くんですよね、ひんやりとして静かだし、やはり神の家とは何か感じさせるものがある場所です。

 週末にはパイプオルガンを聞かせてくれる教会があれば行ってみたり、朝のミサに参列してみたり。無宗教の私には「おごそか」なあの雰囲気が“神とは何か?”を考えさせられるひとときです。荘厳なパイプオルガンの音色、清らかな聖歌隊の歌声、言葉は分からないけれど石の教会に響く司祭様の声。ものすごい非日常を感じさせられます。

 ま、そんな時もあれば、基本的に建築物としての教会マニアな私は、地域密着型の教会を訪れることも忘れない。お気に入りは、サン・ポール・サンルイ教会。サン・ポール駅のすぐそばにあるのですが、マレ地区の散策のあと、サンタントワーヌ通りに向かって路地を歩いていたときに、突然正面に美しいファサードが現れ、すっかりその美しさに見せられてしまったことがありました。


Photo

 雨上がりの薄もやの中に浮かび上がるグレーと黒のコントラスト、太陽のモチーフ。あまりの印象的な出会いに、この教会に一目惚れ♥ 入ってみて、中も素晴らしかった。この教会の前で結婚式に遭遇したこともあります。

 他にもおすすめは、入場料を払わなければいけないけれど、そのステンドグラスの美しさが圧巻のラ・サントシャペル(シテ島にあります)。ここはBGMに懐かしの「グレゴリアン・チャント」が流れていて、思わずお土産にCDを買っちゃった事があります。家で聴いてもあの時の感動は得られませんでしたが。
 あとは、レ・アルにあるサントゥスタッシュ教会。私はここでホームシックから救われた。5区のサン・メダール教会も小さいけれどアジのある教会。マドレーヌ寺院も、外側の建築様式だけでなく、中に入ったらちょっと凄いっすよ。


2


 ザ・教会マニアなのでした。


【送料無料】グレゴリオ聖歌 イタリア・マンタ・聖母マリア教会収録 荘厳なミサの聖歌【送料無料】グレゴリオ聖歌 イタリア・マンタ・聖母マリア教会収録 荘厳なミサの聖歌
販売元:My Earth
My Earthで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »