« 白 夜 | トップページ | パリスタイルのバゲット »

2008年4月 6日 (日)

フィセル

Photo

 食べたいなぁ…、フィセル。

 フィセルってフランスパンの一種で、一番細いんです。写真は例によって朝食のセットなのですが、フィセルが写ってますねぇ。日本ではフランスパンと言えば売っているのはバタールという、太めのバゲットですよね。最近はそうでもなくなってきて、普通のバゲットとかトラディションまでがオシャレなパン屋さんに売っているけれど、フィセルは見ないですねぇ…。

 どうも日本の皆さんはバゲットの白い部分が好きらしく、バタールのような太さのものが受け入れられやすいようです。でも、私はかったーい、パリッパリの皮が好きなのでバタールは苦手。バゲットを買うときもなるべく黒く焼けている固そうなのを選ぶくらい。パリではお店の人が棚からパンを取ってくれるシステムなので自分では選べませんが、「bien cuit(よく焼けた)」とお願いすると、お店の人が選んでくれる。

 でもって、細いので、白い部分が少なくほとんど皮だけなのがフィセル。ひとりで食事だとバゲット1本は食べられないけれど、フィセルならひとり分でちょうどよい量……ということで、皮好きな事とあいまってパリではよくフィセルを食べます。でも、パリでも置いている店と置いていない店があるかなぁ。しかも細くて存在感が薄いからか安いからか、袋に入れてくれることは少なくて、写真のように手に持つところに紙を巻いてくれるだけ。

 むーん、おいしいバゲット食べたい。

パリジェンヌセット(バゲット・ミニパン) フランス直輸入フランスパンパリジェンヌセット(バゲット・ミニパン) フランス直輸入フランスパン
販売元:アットマガザン
アットマガザンで詳細を確認する

|

« 白 夜 | トップページ | パリスタイルのバゲット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/12360401

この記事へのトラックバック一覧です: フィセル:

« 白 夜 | トップページ | パリスタイルのバゲット »