« 野菜は量り売りがいい | トップページ | フィセル »

2008年3月28日 (金)

白 夜

Photo


 パリは緯度が高い。自然の摂理で、春から夏にかけては白夜である。これが私がいつも初夏にパリを旅する理由の大きなひとつ。

 写真は2003年の夏に行ったときにアパルトマンから撮ったもので、この時確か夜の10時頃だったと思います。うっそー!って感じですよね。夜10時にこの明るさ! うっかりまだ明るいから…なんて夕飯の準備をせずにだらだらしていると、気づけば8時…なんてことがよくありました(汗)。あんまり外が明るいものだから、まだ夕方…とか思ってしまうんですね。でもこの明るさは観光には大助かりな訳で、結構時間を気にせず遊べますね。夜ご飯を食べて、一息ついて、おりしも夜の10時。「ちょっと散歩しようか?」なーんて、こんな時間にぶーらぶら散歩しちゃうんですね。あんまり明るいものだから、夜遊びしても帰り道が何だか怖くない。

 逆に夜景を楽しむには不向きですか…。11時ぐらいじゃないと真っ暗にならないから、「セーヌ川ディナークルーズ」とかいってもこんなに明るいし(夜8時出航…)。“ディナー”つってもな。

2


 夏が明るくて楽しい分、秋のパリはやっぱり暗い。朝も8時過ぎないと明るくならない。ちょうどその次期に語学学校に通っていたことがあり、朝の登校がつらかった。まだ薄暗いんだもん。当然夜も早いわけで、秋だともう寒いから散歩にも気が乗らないのですね。私の散歩のパターンに多い、「公園のベンチでまったり…」っていうのが、凄く寒いんです。ぶるぶる。


 やっぱり初夏だなぁ…、行くなら。

|

« 野菜は量り売りがいい | トップページ | フィセル »

パリ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/11880678

この記事へのトラックバック一覧です: 白 夜:

« 野菜は量り売りがいい | トップページ | フィセル »