« フロマージュ・ブラン | トップページ | 特筆すべき食材・バター »

2008年3月19日 (水)

街並みを歩く

Photo

 ブログタイトルが「さんぽ」なのに、食べ物のことばっかしや…。軌道修正いたしまして、散歩ネタ。

 パリではとにかくよく歩く。景色が良いからかあきないからか、毎度「歩け歩け大会」になってしまいます。だからメトロの定期券・カルトオランジュを買っても、最後の方は元を取るのに必至なってしまいます。以前、観光ルートではない、パリのいろんな散歩ルートを紹介した本を読みまして、“踏破すべし!”と熱く燃え、初パリ以来使い続けてぼろぼろの地図にルートをマーカーで囲み、実践。写真は私の愛用地図。マーカー記入済み。もう10年以上前の地図なんですけど…。

 道の名前の由来や町並みの紹介などが書いてあった本なので、思い出しながらフラフラとパリ中をさまよい歩きました。中でも記憶に残っているのは、13区ビュット・オ・カイーユ一帯の散策。歩き始めてすぐ、刑務所の外壁沿いに歩きました(笑)。人気もなく、この向こうが刑務所…と思うとなんとなくひやりとし、こわごわ進むのでした。地元の人からはかなり怪訝に見られていたと思います。

 ビュット・オ・カイーユ街は町並みが古いんですね。パリには珍しい一軒家みたいな町並みが続くんです。パリの中の田舎…って感じですか。ぶらぶらさんぽにはもってこい。でも、住民のよそ者を見る目が痛い…。地図片手だし…。観光客なんて来ないんでしょうけど。視線がいたくて、写真を撮れなかったのをいまだに悔いております。ええ、ええ、小心者ですとも。

 パリで散歩が楽しいと言えば、やっぱり公園です。パリの公園の魅力にはまっております。そこら辺の詳しいことはコチラをご覧ください。公園をぶらぶら、ベンチでまったり…、芝生でごろり、ピクニックも良いね! う〜ん、パリって素晴らしい!

 それにしても何でそんなに歩くかというと、パリってそもそも山手線の中に収まるぐらいの大きさで、結構歩いてどこでも行けちゃうんですね。メトロのひと駅の間隔も1分弱だから、歩いたところでさほどの時間はかからない。歩くのはちっとも苦にならないので、景色を楽しみながらぶらぶらするのが極上の楽しみであります。

パリの横町・小路・裏通り―日本人が知らないパリの素顔パリの横町・小路・裏通り―日本人が知らないパリの素顔

著者:早川 雅水
販売元:有楽出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« フロマージュ・ブラン | トップページ | 特筆すべき食材・バター »

さんぽ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/231746/11502675

この記事へのトラックバック一覧です: 街並みを歩く:

« フロマージュ・ブラン | トップページ | 特筆すべき食材・バター »