« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月 5日 (木)

1年前のパリ・音の思い出

Fleur_de_vanille「La Petite Fleur de Vanille」
(ラ・プティット・フルール・ドゥ・バニーユ)

去年の春夏、パリに3ヶ月いた。その頃フランスで流行っていた……のかは知らないが、毎日のようにミュージック・クリップ番組でこの曲が流れていた。愛らしい子供の歌声、ポップなアニメーションのクリップが気に入って、早朝の楽しみになっていました。毎朝6時半過ぎですかね、歯を磨きながら寝ぼけまなこで…。で、さっそくCDショップで買ったワケなんですが、当時借りていた部屋にはCDコンポがなく、パソコンで聴いていたのです。日本に戻っても家のコンポが壊れていたので聴くことができず、最近ようやっとちゃんとしたサウンドで聴き直すことができました。

イントロはマイナー調のもの悲しいメロディーがギター(もしくはマンドリン?)のトレモロ奏法で奏でられ哀愁を誘うが、一転してハードなギター・リフとにぎやかなチアガールズ風のかけ声でアップテンポに。メロディーは依然マイナー調だが、途中でまたトレモロ奏法に戻ったりラップが入ったりと起伏の激しいアレンジ。こうして聴き直すと、ああ懐かしい。「ちいさなバニラの花」ってな意味のタイトルでしょうか。歌詞カードがなかったので、詞の内容は私程度のフランス語能力では知るよしもない。いい大人が買ったけど、やっぱり子供向けの曲だったのかなあ?

Nouvelle_satr「J'irai chanter」(ジレ・シャンテ)
Nouvelle Star(ヌーベル・スター)

一方こちらは同じ時期に毎週楽しみにしていた番組「Nouvelle Star」のテーマ曲。これもしょっちゅうミュージック・クリップ番組で流れていた。「Nouvelle Star」はフランス版「アメリカン・アイドル」(スター発掘番組)で、毎年フランス全土から地方オーディションを勝ち抜いた10人ぐらいがスタジオに集まり、毎週それぞれ何曲か歌って審査され、そのうちひとりが落とされる。最後に残ったひとりがデビュー!(なのかな?)…という番組。歌うといってもマイクの前で突っ立って…というのではなく、きちんとショウアップされた演出で、すでにスターの風格。放送が進むごとにそれぞれの候補者にファンもつき、応援も白熱し、さすがゴールデンタイム番組のおもしろさ。

私がお気に入りだったのは左上から2番目のシンディ。スリムな金髪少女で、クリスティーナ・アギレラばりのコブシまわしが魅力。残念ながら最後の4人まできて落選してしまった。勝ったのは優男風のクリストフ(左上)で、彼と最後まで競ったのが張り上げ歌唱系黒人のドミニク(左下から2番目)。最後の審査で負けたときのドミニクの「アタシが負けたなんて、納得いかないワ」的な雰囲気がにじみ出ていたのが凄かった。いつも自信たっぷりに歌ってたもんなあ。私はちょっとその「アタシって歌えるでしょ?」的張り上げ度に食傷気味でしたが…。その後この上位二人はデビュー。

そんなわけで勝ち残った10人が「私はずっと歌い続けるわ」てな内容を、代わるがわるにメインボーカルをとって歌う。でもこの曲のクリップ、ロンドンでの海外ロケらしく(ダブルデッカーに乗っていた)、素人オーディション番組なのにお金かけるんだなあと思いました。そして今年もNouvelle Starが始まったよと、パリの友人からメール。超観たい。悔しいのでインターネットでチェックしている。

しかし2006年のパリの思い出の曲がこの2曲って、どうなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »