トップページ | 2007年3月 »

2007年2月24日 (土)

日仏アニメファン

私がフランス語を習っている先生は、日本が大好きで日本人の奥さんと結婚し、現在日本在住だ。そもそも日本好きになったのはアニメがきっかけだったようで、日本から輸入されたアニメを沢山観ている。話を聞いていると結構なアニメオタクである。一番のお気に入りは「きまぐれオレンジロード」らしい。

そんなわけで、先日の授業中、ひょんな事からアニメソングの話題になった。その中で「超時空要塞マクロス」の話になり、その劇中歌が大好きだという。それは私が大ファンの飯島真理が歌っているという話をすると、その曲、MDに入れてあるよ!といって大量のMDディスクを持ち出してきた。そこにはありとあらゆるアニメソングがダビングされており、私も知らないアニメの曲がてんこもりだった(先生の方が若いので、観ていた時代が違うようだ)。MDをかけながら「あぁ、この曲大好き!」「メロディーラインがきれいだよねっ!」とか、興奮気味に語る先生の姿に驚いた。いや、ちょっと引いた。どうやら彼のお姉さんが更に上を行くアニメファンらしく、観たことないアニメでもジャケ買いするそうで、それをダビングしてくれたらしいのだ。

その時は結局マクロスの曲は見つけることができず、“じゃあ、今度私がマクロスの曲が入っている飯島真理のアルバム持ってきます”ということになった。そして昨日の授業の時に持っていったらいたく喜んで、ダビングするからちょっと貸して!ということに。「ああ、これ知ってる!」「懐かしい!」「きれいな曲だよねっ!」と興奮しながらも一緒に歌っていた。こんな事を日本語混じりのフランス語で話している私たちである。それでも「僕たち同じ曲を聴いていたんだね。すごいね」と先生は感慨ひとしお。確かにそうですね…。

Photo_6ところで、そんな飯島真理好きの私の最近のヘビー・ローテーションはこれ、
「The Ultimate Collection (1987-1999)」
ムーン、ワーナー在籍時のベストアルバム。
作業時のじゃまにならない感じのものを…と思って選んだ。ヘビーな感じなものは聞きたくなかったので、ソフトなボーカルものならやっぱり飯島真理でしょ、とこれを久しぶりにかけてみた。予想外に良くて、やっぱりベスト盤だわ!と納得。ところが名曲揃いすぎてつい一緒に歌ってしまい、結局は作業に集中できず…失敗。でもやめられなくて毎日のように聴いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

「WEEK-END À PARIS」猫沢エミ

Weekend_a_paris_1

本屋さんで偶然出会った本だけど、面白くて一気読みした。
著者はミュージシャンとして知っていたけど、その音楽は聴いたことがない。
パリに住んでる人だということも知っていた。
その人の在パリ日記。
渡仏前から1年ちょっとの間の日記がつづられている。

まず、文章が読みやすくて面白かった。写真も多数。
パリでの暮らしが手に取るように生き生きと伝わってくる。
パリ暮らしの色々な出来事、風景の描写が興味深かった。
懐かしい風景、共感できる話題などが満載で。
パリを懐かしく思うことしきり。

著者の猫沢エミという方は、ひるまない強さを持ち、前向きでアクティヴだ。
そして感性が豊か。
びびり屋の自分と比べてそのキャラクターに憧れ、そして落ち込んだ。
この人に比べて、私はパリでどれだけのことしかしなかったろうか…?
本を読んで落ち込むなんて……。

それでも本当に面白くて、アッという間に読んでしまった。
1800円もしたから、じっくり楽しもうと思ったのに。
でも余韻が残って、その後しばらく開いては閉じ、開いては閉じを繰り返して読み直した。
そして別の著書も読みたくなり、amazonで買いました。

それにしても私は留学エッセイが好きみたい。
加藤紀子、雨宮塔子のものも読んでいる。
まあ、どれも全部パリのことだからだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年3月 »